貞寿です。

 

ご存じの方も多いかと思いますが、

うちでは猫を飼っております。

サンちゃんといいます。

ノラ出身で、

おそらくラグドールの血を引いていると思われる雑種猫です。

 

昨日は、一日なーんもせず。

ただぼんやりと猫と戯れて居りました。

 

このところ、あまり家にいなくて、

さらに家族もかまってあげられなかったので、

ここぞとばかりに甘えてくるサンちゃん。

 

特に。

足が好き。

 

なぜか私の足が好きで、

ずーっと、

ずーっと、

足を握りしめたまま離しません。

時々、甘噛みしたり、

時々、もみもみしながら、

一向に離そうとしません。

うちの猫、たしかうちに来たのは2009年3月。

生れは2008年5月…なはず。

ということは、

ちょうど9歳。

ええ!もう9歳なのか、きみは!

猫の9歳というと、

人間で換算すると、65歳、だそうです。

65歳…。

女の足を甘噛みしながら握りしめて眠る、65歳。

人間だったら、迷うことなき変態です。

この変態足フェチ中年ぽっちゃり猫め。

 

でも、久々に、親友のブログを見たら、

「ペットは飼い主に似る」

と書かれていて。

 

ふと、自分の猫を見ると。

甘ったれのたぬき顔。

愛嬌だけが取り柄。

やや、小太り。

 

…に、にてるのかな?

 

世の中には、この子より可愛い猫なんて星の数ほどいるでしょうが、

私にとっては、この子が世界で一番かわいい猫です。

 

しかし、

その世界で一番!という気持ちが揺らぐ時があります。

そう、それは、ネコリパ寄席の日。

 

明日は、ネコリパブリック東京で、ネコリパ寄席、です。

 

☆5月13日(土)
東京ねこりぱ寄席
【開演】11:30
【出演】貞寿、花飛
【場所】御茶ノ水・ネコリパブリック東京
【木戸】投げ銭500円以上(要入場料2700円、1d付)
【問合】03-5826-8920
【備考】要靴下着用

 

うちの子よりも可愛い子

いやいや、うちの子くらい可愛い子がたくさんいます。

よかったら、猫さん達に会いに来てください♪

(ついでに講談も聞いていただけると嬉しいです!)

 

皆様の御来場お待ちしております!