貞寿@ただいま富山、です。

 

皆様、「ゲンゲ」という魚をご存知でしょうか。

富山湾近郊でしかとることのできない深海魚、なんだそうです。

海老と一緒に取れる深海魚で、一緒にしておくと海老の鮮度が下がることから、

邪魔な魚、として、すぐ捨てられてしまう魚。

それが、ゲンゲです。

大きなおたまじゃくしのように、ぬるぬるとして、決してきれいな魚ではありません。

その上、すぐに痛んでしまって、流通できない。

よって、下の下=ゲンゲと呼ばれていたのだとか。

 

その、ゲンゲ。

 

のちに、その成分の大半がコラーゲンであることが判明すると、あっという間に大人気になったんだそう。

味も、実はおいしいらしい。

でも、流通の難しさ、取れるところが限られているところから、

ゲンゲ=幻魚

と呼ばれるようになったとか。

 

下の下から、幻魚になるとは・・・すごい出世。

 

春の魚なので、いまは干物があちこちで売られています。

ネットで見ても、一匹100円前後で売られていますが、

さすが、地元。

こちらでは、探せばなんと!!

 

25匹で1000円。

 

・・・てことは、

 

1匹、40円。

 

安すぎです。

 

調子にのった私は、25匹、購入。

すぐさま、食べてみました。

 

これが、ゲンゲ。

遠目からみると、シシャモみたいなんだけどね。

 焼けば焼くほど、地獄におちたかのような苦悩の顔。

口を開けたまま、目が白く飛び出るのよ。

怖いよー(>_<)

味は…まあ、美味しいです。

つまみにいいかんじ。

でも、とにかく、顔が怖い。

頭から食べられるらしいんだけど、流石に頭だけ残したら…

 夢に出そう…(>_<)

 今度は、生を試してみたいけど、生も怖いかな。

生はヌルヌルしてるらしいし。

でも、汁物か唐揚げにすると美味しいそうですよ。

コラーゲンもたっぷりだし。

むむ。

目をつむって食べるか。

富山に来たときには、ぜひ、試してみてくださいね。