【日時】2018年10月26日PM 6:30 -
【場所】上野広小路亭

演目「玉菊燈籠」

師匠貞心がかつて芸術賞に参加し受賞した作品を今回、真打昇進を機に弟子の貞寿が手掛けます。

「玉菊燈籠」

郡山から江戸へ出てきた大工弥吉、一人前になりましたので故郷に帰るその途中、国への土産話にと初めて行った吉原で玉菊と出会い、恋に落ちる。年が明けたら一緒になる、と堅い約束をして一旦離れ離れになるが、女郎を女房にすると聞かされた母親は承知をしない。二人を引き離す様々な策略、それを超えてなんとしてでも一緒になろうとするが・・・。

吉原の名物「にわか、夜桜、燈籠」・・・7月の吉原名物「燈籠」の由来のお話です。

講談に生音曲をいれてお届け致します。
ぜひお運び下さい。

開催情報

【日付】2018年10月26日
【開場】18:00
【開演】18:30
【場所】上野広小路亭
【木戸】予約2000円/当日2500円

チケット予約

会場

上野広小路亭

東京都台東区上野1丁目20−10上野永谷ビル

http://www.ntgp.co.jp/engei/ueno/index.html

会場周辺図