最近、色々な試練と戦ってます。しかも、負け戦ばかりです。貞寿です。今日は、昼夜。お昼は、日本橋亭で久々に土曜特選会に出演させていただきました!沢山のご来場ありがとうございました!今回は、芝居特集 ということで、私が、「名人小團次」師匠が「中村仲蔵」芸歴の差をまざまざと感じて頂けるラインナップです。師匠も、私も、忠臣蔵の五段目が出てくるんですけどね、私はさ、ビビりだから、浄瑠璃のところとかはアッサリやるのですよ。でも、師匠は、「これでもかー!!」ってくらい、おやりになる(^_^;)皆さん、「さすが貞心先生!」って思ったでしょ?でもね、ご存知ですか?大きな声じゃ言えませんがね、あの浄瑠璃のくだりね、適当にやっているんですよぉ歌舞伎みると分かりますけど、全然あんな調子じゃないんですよ!師匠が、適当にそれっぽくやっているだけなの!それでもね、まるで芝居を見ているかのような気持ちになるの。本当に浄瑠璃がそう語っているように思えるのですよ。そこが、師匠の凄いところ!私がやったんじゃ、絶対嘘くさくなっちゃうもん。やっぱり凄いや。袖で聞いてて、改めて思いました。前方が私だから、まあ、もう、いい引き立て役になっちゃった。クスン。でも、よき勉強になりました。帰りがけ、楽屋ですずちゃんとキャッキャッ話してて、「あ、そうだ、すずちゃん、ブログ用に写真とっていい?」「あ、姉さんのブログにのせてもらえるんですか?」「勿論!のせていい?じゃあ撮るよ~」と携帯で自撮りしてたら、貞奈ちゃんが「姉さん、撮りましょうか?」といってくれたので、撮ってもらいました。「はい、チーズ!」写真とったら、すずちゃんがおもむろに「姉さん、写真確認させてください!…ああ、よかった!」「どうしたの?」「いや、姉さんの携帯で写真撮ると、私、いつも目つぶっちゃうじゃないですか」「ああ、そうだったねぇ」確かに、こーんな写真とか。こーんな写真ばっかりだったもんね。「大丈夫よ、すずちゃん、今日は目あいてるよ!」「良かった!」でも、あとで最初に撮った自撮りの写真をみたら…やっぱり目つぶってるし(笑)写真を撮るときに、目を開いていられない、不憫なすずちゃん。よく、宣材写真と実物が違うなんて話を聞きますが、すずちゃんは、写真より実物の方が何倍も可愛いですから、ぜひ、本物を見に講釈場へ足を運んでくださいね。ご来場の皆様、ありがとうございました。☆☆☆さて、夜は二ッ目時代です。私、今回で最後なのかな?よかったら、お運びください♪お待ちしております!
Source: ブログ

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account