怒涛の日曜日
「貞寿、屏風にまみえず~ファイナル」
を終えまして、
しばらくその残り香をたよりに
生きておりました。

貞寿です。

月曜日は
「きゃたぴら寄席講談の部」

今日は
「講談カフェ」

…でした。

ご来場ありがとうございました。

きゃたぴら寄席は、なんと大入満員!
定員数で札止めとなりました!
ありがとうございました!

松之丞くんと私は
一見共通点がなさそうですが
「まくらと講談が長い」
という共通点があります。

よって大幅時間オーバー。
ごめんなさい。

私は、金曜日の続き
「玉菊灯籠(下)」
を申し上げました。

さすがに前日通してやってますから
話は、しっかりしてきました。

まだ、ねたおろししたばかりですが
ほんの少しだけ
「貞寿の玉菊」
に、なってきた気がします。

この感じは、
私が二ッ目昇進の際に
「は組小町」
を教わった時に似ています。

多分、この話は、
「いずれ、私の柱の一つになる」
そんな気がします。

やっぱり、私は世話物なんだな。
やっぱり、私は師匠の弟子なんだな。

師匠が得意としている話は
なんの障害もなく
「すーっと」
私の中にはいってきます。

「玉菊灯籠」には、
誰一人悪い人が出てきません。

でも、悲劇がおきます。

私が作った「四谷怪談」と一緒。

きっと、私は、
そういう話が好きなんでしょう。
(そして多分、人殺しの話が得意な松之丞くんには理解して貰えないところだと思います。笑)

この話は、時間をかけて磨きます。

もし、どこかでこの話に遭遇したら、
どうぞ、お付き合いくださいませ。

そして、今日は講談カフェ。

たった二日前、
同じ場所で高座に上がったのに、
緊張感がまるでちがう
開放感の中での一席。

リラックスしながら、
楽しく、のびのび
勉強させていただきました。

ありがとうございました!

☆☆☆

もちろん高座はありますが
二ッ目最後の勉強会を終えまして
とりあえず、一区切り。

次は、

真打披露興行です。

…と、その前に。

今日はこれからシアタートラムで…

これを見ます♪

自分へのご褒美。

昨日の
スプリング、ハズ、カムも
ご褒美じゃないのか?

ご褒美あげすぎじゃないか?

という意見は聞きません。

楽しんできます!

©2020 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する