おはようございます。
貞寿です。

本日、朝練講談会。
朝早くから多数のお運び
ありがとうございました。

今日は、昇進後初高座だったので、
前の日から
「何を読もうかな…」
と考えていました。

普通で考えたら、出世の話。
でも、それだと貞弥さんとかぶるかな?
一応、名人伝も考えつつ楽屋入りしました。

そしたら。
開口一番、貞弥さんが「二度目の清書」

まじか?!

うーん…。

「二度目の清書」は、講談界最高峰の話でね、このあとにできる話なんてないんです。

分かりやすく言えば、開口一番「芝浜」みたいな感じ?
ちょっと違うかな。
でも、まあ、そんな感じです。

当然、用意してきた話は全部ダメ。

同じ義士伝で逃げようかと思いましたが、披露興行でやる、と公言している以上、ここでやるわけにはいかず。
それに、義士伝やったところで、「清書」とならぶ格の話なんて他にありません。

うーん…。

いっそ、滑稽話か軍記にでもしようかしらん?

15分くらい考えて。
ようようのことで絞り出したのは
「は組小町」
でした。

当然、格、という意味では「清書」の足元にも及びません。

でも、この話に対する私の思い入れも含めたら、「清書」に負けないんじゃないか、と思いました。

結果として、真打昇進後の初高座を「は組小町」で始められたのは、よかったかな。

私らしい、スタートだったと思います。

沢山のご来場ありがとうございました!!

終演後は、

私の披露宴で太鼓を演奏くださった荒魂さんに陣中見舞い兼、花見!

赤坂から綺麗どころもおいでになり。
賑やか、賑やか。

わたしは、バイスサワーにはまりまくり。
バイスって何かと思ったら、
梅酢、なんだね。
美味しい。
小梅ちゃんの味よ。

まだ、うーん、5分咲くらいかな?
これからどんどん咲くんだろうな。

今年初めての花見は四谷荒木町、でした。
あと何回桜を楽しめるかな。

今年の桜は、なんだか思い入れ深い。
出来たら、たくさん。
大好きな人たちと、楽しめたらいいな。

まずは、今日の桜を楽しみます。

ご来場ありがとうございました!

©2020 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する