今朝、某先輩と仕事の打ち合わせで電話したら

「百恵ちゃん画像、見たよ。なにやってんの?」

と言われました。

 

ひー。。(´д`lll)

 

はしゃいで楽しかった翌日。

早くも「やりすぎたかしら」と後悔しつつ、

「遊びこそ本気で!」

をモットーにしているので、後ろは振り向かないで行こうと思います。

 

前置き長くなりました。

貞寿です。

 

昨日は、

華の女子会

でした。

 

「華の女子会」は、二つ目女子を中心にした会なので、

真打になった私は卒業です。

 

卒業、といえば

 

「百恵ちゃんでしょう!」

 

…ということで、

当時のさよならコンサート映像を見て、寄せてみました。

 

 
ホント、すみません。
まあ、いいんです、遊びですから。
 
しかし、遊びは本気でやらねば面白くありません。
 
実際の高座では…
 
後ろ幕が物凄く「和」を醸し出し、カオスな映像。
しかし、客席は…
 
完全にコンサート会場!(笑)
 
モニターをみていらした(らしい)にぎわい座のスタッフ様にも
「いやー楽しそうでしたね!!」
と言われてしまいました。ははは。
 
終演後も盛り上がりまして、
みるちゃんと、つるちゃんを従えまして…
 
img20170724_233757.jpg
 
楽屋コンサート(笑)
 
ついでに…
 

 
最近好きな
「ブルゾン貞寿、WITH H(華の女子会)」
 
まあ、楽屋でキャッキャッしながら遊んでおりました。
ああ、楽しかった!
 
しかし、あまりにもインパクトありすぎだったため、
ちゃんと真面目にやった演芸会の印象がゼロ。
単なる宴会芸の集まりのようになってしまったような…。
 
あの、いないとは思うんですけど。
真面目な演芸会を想像してご来場くださったお客様。
もしいらっしゃいましたら、平にお詫び申し上げます。
 
念の為申し上げますが
毎回、こんなことをやっているわけではありません。
普段は絶対やりません!
 
「見逃しちゃったんですけど、今度いつやりますか?」
というメールが数件届きましたが、
普段は絶対やりません!
 
私は真面目な講談師です。
 
しかし、この会は余芸ありきの会なのでね。
まあ、いいんじゃないでしょうか。
 
華の女子会を卒業して、普通の講談師に戻ります!
(もとから普通の講談師だけど)
 
来年から、私はいなくなりますが…

華の女子会をよろしくお願いいたします!
 
ご来場、ありがとうございました!
(思っていた以上に拡散され、師匠がみないことを祈るばかり)

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する