週末講演第二段。

今日は小松川図書館でした。
沢山のお運びありがとうございました。
 

 
承りましたら。
 
申し込み開始2日で定員に達し、約3/4がリピーターのお客様。
小松川図書館で行っているイベントで人気ナンバー1、なんだそうです。
 
ありがとうございます!ヽ(^o^)丿
 
今回申し上げたのは
「山科閑居」
お芝居ですと七段目。
一力茶屋の場は目で見て華やかではありますが、講談では、少々地味なところ。
有名なエピソードも少なく、
「はて、どうやって構成すべきかしら?」
と、いろいろ悩み、結局、
「大学を立てる為に内蔵助は何をしたか」
「内蔵助は一力茶屋(萬屋)には行っていない?~内蔵助の放蕩三昧とは」
みたいな内容。
地味ねぇ~(^.^;
 
講談は「宇都宮重兵衛」
これも地味なのよね~(^.^;
(私は好きなんだけど)
 
全体的に地味~な会だったのだけど、後に拝見したアンケートは、なんと!全員「面白かった」でした!すごいっ!
ありがとうございました~ヾ(≧∇≦)
 
…つーか、回収率といい、評判といい、独演会でとったアンケートより、図書館の講演の方が評判いいって、どういうことなんでしょう?(笑)
 
皆様のおかげで、来年も開催決定!
日はまたこれから相談しますが、また12月かな。
次は、どこを話しましょうか。
江戸急進派の話とか?
高田郡兵衛とか?←マニアすぎ?
今回おいでになれなかった方も次回はぜひ!
 
皆様ありがとうございました~!
 
ということで。
 

 
今日も一杯飲んで帰ります☆
ありがとうございました~♪

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する