あれね、ブログって、習慣だから、一回書かなくなると、すっかり存在を忘れますね。

でも、多少、楽しみにされている方も、ほんの少しいるみたい。

なので、そんな貴方の為に書きます(笑)

こんばんわ。貞寿です。

今日は、講談カフェ、でした。

こーんなに暑い中、御来場ありがとうございました。

今日は、なんといっても愛山先生の文芸講談が楽しみで。

何を読んでも、THE・愛山。

江島屋のような、でも、終わり方がシュール。

話の組み立て方が、二人甚五郎のような感じ。

うーん、なるほど。

いやはや、勉強になりました。

終演後、愛山先生をエレベーターまでお見送りしていた時の事。

どこからか、ガタガタ、という物音。

全員が一斉に振り返った、その時。

遠くから、女性の声で、

「こっちだよ、こっち!」

という声っ!!!!

ひぃぃ~っ!!

今の、なに?!

どこから聞こえてきたのっ?!

その時、らくごカフェには誰もいなくて、全員エレベーター前に集合しているのに、声は明らかに、カフェの中、というより、もっと、その奥の遠くのほうから聞こえてきたのです。

その場にいた全員が、一瞬、凍りました。(実話)

先生が、あんな話するからだ!

呼んじゃったんだ!

怖いじゃないですか、どうしてくれるんですか!

と、その場は全部、愛山先生のせいにしてみましたが。

後から聞いたら、どうやら、上の階が、いま、従業員の控室になっているらしく。

若い女性店員さんの甲高い声が、新しくしたばかりのダクトを通して聞こえてきたのではないか、と。

なぁ~んだぁ~。

先生のせいにしちゃって、すみません。

聞けば、なぁ~んだぁ~、という感じなんですが。

タクトを通して、遠くから僅かに聞こえてくる女性の声は、それはそれはリアルで恐ろしかったです。

そういえば、来月の貞寿の会。

8月18日(土)は、怪談をやる予定です。

師匠から習う(予定)の、「腕」

そして、もう一本。

ちょっと、南左衛門先生の雰囲気もはいっているかもしれませんが、師匠から習った、私が最初に覚えた怪談を申し上げる予定です。

ここ数年、怪談は四谷怪談ばかりだったんですけど、久しぶりに台本読んだら…楽しい♪

以前より、もう少し、やれそうです。

もしかしたら、貴方にも、遠くの方から貴方を呼ぶ女性の声が聞こえるかも…?ふふふ。

(多分従業員さんの声ですが)

まだ先ですけど、よかったら、予定していてくださいね。

あと、明日&明後日は、師匠が日本橋亭夜席のトリです。

私も出演します。

よかったら、こちらもぜひ、御来場ください。

暑い日が続きますけど、釈場を涼しくして、お待ちしております♪

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account