毎日言ってすみません。

暑いです。

貞寿です。

今日は、夏丸兄さんと「大相撲を愛でる会(名前は違うけどつまりそういうこと)」でした。

お暑い中、ありがとうございました!

今場所は、三横綱と新大関栃ノ心が休場。

残るは角番大関二人だけ、という「スター不在の場所」

おもしろくないじゃーん!

しかも、千秋楽を前に、幕内総合優勝が決まってしまう、という。

おもしろくないじゃーん!

そんな中、ようこそのお運びでございました。ありがとうございました。

蓋を開けてみれば、

初優勝、関脇御嶽海のうれし涙に、ついついもらい泣きをしたり。

十両では、苦難を乗り越え、貴乃岩が優勝を果たし、来場所幕内に戻ってくることが決まったり。

それはそれで、見所もある場所でした。

やっぱり、若手が頑張っているのがいいよね。

優勝の御嶽海、そして、今日見事な相撲を見せた敢闘賞、豊山、二度目の敢闘賞の朝乃山。

この三人は、同期なんだそうで。

星の差一つに迫りながら、同期に負けたら、つい、イラッとするよね。

でも、彼らは切磋琢磨している。

頼もしいなぁ。

わたしもがんばろう。

今日は誠にありがとうございました。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account