今日は有線収録。

声は若干オカマのようですが、とりあえず終了。ほ。

さて。

今日のブログは、どうでもいいような内容です。ごめんなさいね。

咳喘息の間、出来る限りずっと家にいました。

とにかく動けば咳が出るし、

横になっても咳が出るし、

咳だけだから…と思ってちょっと無理すると、夜、倍返しだし。

「わかりました。動きません!」

とにかく、ぼんやり、競泳とか見ちゃう日々(←じゃあ、稽古しろよ)

そんな中、ちょっと良かったかな、と思ったのは、

「母と無駄話をしたこと」

でした。

一緒に暮らしていますが、日々、必要以外の事は母とあまり話しません。

大体、母の話と云うのは、愚痴か、御願い事か、噂話か…まあ、そんな感じです。

でも、ぼんやりと家にいたので。

必然的に、話をしました。

母が行く敬老館には、様々な老人たちが集まります。

それは、デイサービスのような介護保険を使ったものではなく、児童館の老人バージョンのようなもの。

老人たちが集い、おしゃべりしたり、ゲームしたりしながら過ごす場所で、母はここで日中友人たちと過ごします。

その、敬老館での出来ごと。

敬老館は、自分の事は自分で出来る老人たちが集う場所、なのですが、中には軽度の認知症の方もいらっしゃる様子。

最近、ある女性の行動が問題になっている、というのです。

母より4歳若いその女性は、健康体なのですが、軽い認知症らしく、お風呂で人の着替えを着てしまったり、タオルを忘れて毎回借りて返さなかったり、いろいろと問題行動があるそうなのです。

でも、本人はまったく気が付かず、普通に行動しているつもりなのだとか。

健康だし、いつもおかしいわけじゃないから「来るな」とも言えず、皆が困っている、とのこと。

たぶん“まだら”なんでしょうね。

ところどころ、認知症が出てしまう。

でも、しっかりしているところもあるから、周りの人が自分に向ける視線に気が付いているそうで。

時々、十数人分のシュークリームとか買って、

「みんな、食べて!」

と差しいれたりするんだそうです。

もう、そういう話を聞いてしまうと、切なくなってしまう。

痴呆症の方は、自分の行動が正しいと思っている人が殆ど。

でも、自分では正しいことをしているのに、叱られたり、嫌われたりしてしまう。

その認識の差に、イライラして、非常に怒りっぽくなってしまう。

すぐ、怒鳴ったり、果ては暴力をふるったり。

そして、さらに孤立を深めてしまう…という悪循環。

誰も悪くない。

どうすることも出来ない。

解決策は、多分、ない。

私には介護の知識が多少あるけど、知識があったとしても、それを寛容に受け止められる自信などない。

ましてや、専門の知識がない人からしてみたら、迷惑な話だろう。

「ねえ、その人はね、周りに迷惑をかけていることがわからないんだよ。

だから認知症なの。

でも、皆が距離を取ったりするから、きっととっても寂しいんだよ。

だから、シュークリーム買ったりして、皆に仲良くしてほしいって思ってるんだよ。

だから、せめてママはその人に意地悪とかしないでね」

そう言ったら、意外にも、

「誰ひとりとして意地悪する人なんかいない」んだそう。

なぜ?と聞いたら。

「いつ、自分がそうなるかわからないから」

ああ、なるほど、と思いました。

「明日は、わが身」

そう思ったら、意地悪なんか出来ないですよね。

誰しも、なりたくてなるんじゃない。

努力とか、そういうもので補えるものでもない。

いつ、誰がそうなるか、判らない。

自分も、いつかそうなってしまうかもしれない。

そう思ったら

「困ったなぁ」

と思っても、意地悪なんかできっこない。

今の私は、

今日出来ないことも、明日はできるかもしれない、と思って生きている。

でも、母たちは、

今日出来たことも、明日には出来なくなっているかもしれない、と思って生きている。

今の私が想像すると、それは恐怖でしかありません。

多分、かなり先の事でしょうけど

私にとっても「明日は我が身」かもしれない。

これは「老い」だけでなく、全ての事において言えること。

「人にやさしく」って、そういうことなのかもしれない。

これって、とっても大事なことなんじゃないかな。

ああ、私は四十を超えても、まだまだ、ものの道理を知らない。

分かっているようで、分かっていないことが、沢山ある。

「老いては子に従え」

なんて言葉もありますが、

「老いたる馬は路を忘れず」

まだまだ、親から教えられることがあるなぁ、と、しみじみ思った夜。

ブログに書くことじゃないかもしれませんが、自分の覚書として「閑話」でした。

©2020 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する