おはようございます。

貞寿です。

今日は、ちょっといろいろ待ち時間があるので、持参いたしましたのはコチラ。

神田茜先生の「母のあしあと」

実は、私、神田茜先生のファン。

…といっても、前座時代に2回ほど前講をさせていただいただけ。

ほとんどご一緒したことがありません。

だから、なんだか同業の先輩、という気持ちが薄くて、ファンって感じ。

でも、数少ない中でも初めて聞いた「好き好き金右衛門」は衝撃でした。

「えええ、絵図面こんな話になるんだー!!(゚o゚;」

あと、電車の中でおばさんと話してる女の子の話…あれ、なんていうのかな?

花便り寄席で前座やってるときに聞いて、思わずモニターに釘付けになったのを、覚えています。

私が、二ッ目になったあたりから作家業がお忙しいご様子で、なかなかご一緒する機会なく。

あまりにもご一緒する機会がないので、噺家の先輩にお願いして、釈台をお貸しするのを理由に、私は全然関係ない会に勉強に伺ったりしたこともありました。(笑)

その時は「初恋エンマ」だったかな?

先生の作るお話はね、んー…

自己顕示欲が強いのに、物凄く恥ずかしがり屋さん、みたいな。

相反する感性がぶつかって、くすぐったいような感じ。

それがとっても可愛らしくて、愛おしくて、実は本も多分全部読んでます。

茜先生ー!

好きでーす!

ファンでーす!

また、いつの日かご一緒できますように。

今日は、憧れの人に思いを馳せつつ、お稽古頑張りまーす。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する