おはようございます。

貞寿です。

昨日は「なでしこくらぶ」でした。

相変わらず多数のお運びありがとうございました!

私は、お馴染み中のお馴染みの話。

左甚五郎「竹の水仙」

ところが、ひとつ、大事な仕込みをすっとばし、あとから聞きに戻る、という…。

とっさに、つじつまは合わせましたが。

ああ、びっくりした。

慣れた話ほど、油断大敵。

大変失礼いたしました。

夜は、紀尾井ホールへ。

新内の人間国宝、鶴賀若狭掾師匠の会にお伺いしておりました。

若狭掾師匠とは、もう、何度もご一緒させていただいているのですが、客席からじっくり拝見したのは、実は初めて。

内容も、

「唐人お吉」

「鰍沢」

「瞼の母」

と、もう、タイトル見ただけでワクワクしてしまうものでね。

とっても楽しみに伺いました。

「唐人お吉」は、お弟子さんたちが、お吉の哀れな人生を切々と歌い上げ。

「鰍沢」は、車人形とのコラボ。落語をどんな風になさるのかなぁ、と興味津々でしたが、とても楽しい作りで、内容を知っていても人形の動きと語りで思わず「ふふふ」と笑ってしまいます。

また、若狭掾師匠と伊勢吉姉さんの「瞼の母」は、長谷川伸先生の話を見事に表現されていて、場内ではあちこちですすり泣きが。

ああ、勉強になったぁ~。

新内って、取っ付きにくかったり、難しかったりして、なかなか聞きに行けないって方もいらっしゃると思うのですが。

でもね。

若狭掾師匠は、新作にも力を入れて、とっても分かりやすく、楽しく聞かせて下さいます。

講談の人間国宝である貞水先生も

「講談には守るべきものと開拓すべきものがある」

とおっしゃっていますが。

その業界を背負う方々は、皆、保守的なだけではなく、新しいことにも挑戦される方ばかり。

むー

むー

むー

若手も見習わなければ!!!(≧◇≦)

つか、その前に、まず、古典をしっかりやれ、自分。

はい、すみません。

明日は、道楽亭で相撲の会。

☆11月23日(金・祝)
一龍斎貞寿独演会「愛しの大相撲」~九州場所編~
【開演】14:00
【出演】貞寿
【場所】新宿三丁目・道楽亭
【木戸】2500円
【問合】03-6457-8366
【備考】希望者のみ打ち上げあり、別途3500円
 

どーすんだ、今場所。

なにしゃべればいいんだ、今場所。

とりあえず、まずは、講談をしっかり申し上げて。

あとは、皆で横綱土俵入りのない九州場所を見ながら、貴景勝や高安あたりを応援しようではありませんか。

よかったら、お運びください。

ご来場おまちしております。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する