おはようございます。

貞寿です。

昨日ね、

ただいま浅草九劇で開催中の、

カムカムミニキーナ第67回公演

「偽顔虫47」

~名探偵浅草小五郎と演劇探偵団~

上巻 闘魄炎上の段

観に行ってきました~!!ヽ(^o^)丿

12月ってのはさ、

師匠も走る師走でしょ?

いや、師匠は走らないかもしれないけどさ。

忙しいじゃない?

だから、今回のカムカムは見に行けないかな~?と、ノーチェックだったんです。

ところが。

今回の「偽顔虫47」

上巻のサブタイトルが

~吉良上野介vs47人の少女過激団~

だって。

おいおい。

マジ?

そんなサブタイトルつけられちゃったら、行かないわけにはいかないじゃん!!(≧◇≦)

ということで、急遽都合つけまくって、観に行ってきました!!

無理して行って良かった!!

おもしろかったよーっ!!(≧▽≦)

んとね、

どういう話かというとね。

どこまで書いていいかな。

ちょっとネタバレになるから、うっすら読んでね。

(まあ、話はこみ入ってるから、多少内容を知ったくらい、あまり影響ないと思うけど)

特殊能力を持ったエンヤさんがね、

権力者の吉良よしひさの手によって、獄中死してしまうのね。

で、エンヤさんの信者の少女たちが

(堀部さんとか大高さんとか。笑)

仇討ちしようとするんだな。

でも、肝心の大星ゆらさんは、のらりくらりして本心わからず。

なぜエンヤさんは殺されたのか?

大石ゆらの本心は如何に?

…って感じの話。

いや、カムカムだから、勿論こんな単純な話じゃないんだけど。

そこに明智小五郎そっくりな、浅草小五郎って人が謎解きに絡んでくるのよ。

吉良の娘が誘拐されたり、

仮名手本の五段目がはいってきたり、

でも、これはそもそも演劇で、

現実と虚構が入り混じる。

そんな話。

わかる?

(わからないよね)

とりあえず。

忠臣蔵が好きな、アナタ。

江戸川乱歩が好きな、アナタ。

どちらも好きじゃなくてもたぶん楽しいと思うけど、両方好きならなおのこと。

なんとかして時間を作って、

是非とも見に行くべし!ヽ(^o^)丿

私は下巻もすぐさま予約しました♪

下巻のサブタイトルは

~ゴースト軍曹の復活に踊る虫酸夫人~

…多分、下巻は忠臣蔵関係なさそうだけど。(笑)

吉良夫人が虫酸夫人と姿を変えて大暴れするそうです。

こりゃあ、見なくっちゃ。

上巻は、12月20日まで!

オススメでーす。ヽ(^o^)丿

©2019 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する