貞寿です。

本日花便り寄席。
一部トリでした。
沢山のご来場ありがとうございました~。
トリでネタおろしってのもどうかと思ったのですが、この日を逃すと機会がない!と思い、
「杉野十平次」をネタおろしさせていただきました。
もっとも、正確には、前半の蕎麦屋の下りは二度ほどやってますので、後半の俵星の下りがネタおろし。
実は、南左衛門先生から習ったのは前半の所で、後半は二代目南陵先生の音源を参考に、本から起こしたもの。
つまり、東西を合わせたオリジナルになります。
それだけに、大分緊張しましたぁ…(^。^;)
結果。
初演35分。
んー、あと5分縮めたい。
本来ならば、前半を縮めて、後半をもう少しちゃんとやるのがいいと思うのです。
でも、前半のコミカルな下りはあまり省きたくないんですよねぇ。
杉野十平次にしても、俵星玄蕃にしても、蕎麦を食べたり、売り声の稽古をしたり…という滑稽なくだりは東京の話には一切ありません。
このあたりが、大阪、ならでは。
気持ちとして、ここは、あまり切りたくない。
うーん。
もう一回、見直すかなぁ…(^。^;)
この話は、
3月7日の伝承の会にて申し上げる予定です。

2日間で東西の講談師が28人見られる会。
しかも1日の木戸銭が1000円!
私が出演する7日は13人の講談師が高座に上がります。
計算すると、一人あたり約77円!
(計算するなって)
貞寿の手元に、まだ少しチケットあります。
7日のチケットがほしい方はご連絡ください。
その時までに、もう少しこの話練っておきます!

がんばりまーす。
今日は沢山のご来場ありがとうございました!

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account