貞寿です。

昨日は道楽亭で三朝兄さんとの二人会でした。

御来場ありがとうございました。

兄さんかいらしたので、

「おはようございますー、兄さん、今日の順番ですけどー」

と声を掛けますと、

「ちょっと待って!」

なにを思ったか、三朝兄さん、上着を脱ぐと一目散に洗面所へ。

「ああ、トイレか」

と思ったらさにあらず。

どうやら、上着のポケットのあたりに、なにやらこぼしてシミになっているのをみつけたらしい。

「うわー、なんだコレ、うわー」

必死の形相で、シミ抜きをする兄さん。

匂いとシミの加減から、どうやらシミの正体が「焼鳥のたれ」だと判明すると、

「いい?貞寿さん、シミはね、まず、水洗いが基本。その上で、シミにあった方法で落とすんだよ」

言いながら、食器用洗剤を取りだす。

「食べ物のシミは、食器用洗剤が一番落ちる!」

今度は、洗剤をシミの上に叩きこむ。

あまりの早さに手が見えない(笑)

額は汗びっしょり。

「たとえば、血液の汚れは大根おろしの汁がいいんだよ」

洗濯うんちくを語らせたら、恐らく、業界で兄さんの右にでる人はいません。

つーか、普通、芸人でここまで洗濯に五月蠅い人はいません。

彼の名は、「洗濯屋、三ちゃん」

やっとシミが抜けたところで、ようやく会がはじまりました(笑)

この会は、

三朝、貞寿、朝橘で「日本一賑やかな会」と称し、同期真打でおしゃべりな人を集めた会、だったのですが。

朝橘くんがいなくても、その分を三朝兄さんが口数でカバー(笑)

朝橘くんがいなくても、十分に五月蠅い会でした。

多分、この会で一番静かなのは、私だ。

次回は、三人そろって開催できるといいな。

とにかく、口数の多い三朝兄さんと、

とにかく、声が大きい朝橘くんと、

物静かな私(笑)の三人があーだこーだ喋り倒す会です。

よかったら、次の機会もひとつ、よろしくお願い致します。

御来場ありがとうございました。

☆☆☆

さて。

明日は、こちら。

☆4月14日(日)
雑司谷 拝鈍亭~落語と講談の夕べ~
【開演】17:00
【出演】柏枝、貞寿
【場所】護国寺・本浄寺
(東京都豊島区雑司が谷1-51-18)
【木戸】1000円以上の御芳志(当日のみ)
【問合】03-3971-2438

師匠の御供で伺ったことは有りますが、

出演するのは初めてです。

木戸銭、決まっておらず、御志、ということです。

どうぞ、気楽にお出でください。

皆様のお運びをお待ちしております。

©2019 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

ログイン

あなたの詳細を忘れましたか?