新元号は
「令和」
だそうですね。
貞寿です。
結構「貞寿」って元号っぽいと言われていたのですが、うーん、残念。
次の元号こそ!
(いくつまで生きればいいかわかりませんが)
そんな新元号で湧く中、
親友達と一緒にお花見にいってきました。
生憎の花曇りではありますが。

新宿御苑の桜は見事な満開!!

小雨がパラパラ降ったりしたので、
かえっていつもより空いていたかもしれません。
(勿論沢山いらしてましたが)

みっちり咲く、桜。
ホント、綺麗。

新宿御苑の桜は、敷地が広い分、一本一本がのびのびと枝を伸ばしているみたい。
おかげで目の前まで枝が下がり、こんな至近距離で桜を愛でることができます。
いつも、花見にいこう!と約束すると、
雨か、雪か、霰だった私たちにとって、
小雨など気になるわけがない。
思う存分、桜を楽しみました。
その後は、お店にこもってお茶したり、ご飯食べたりしながらお喋り三昧。
流石にこの年になると、仕事の話、家族の話からはじまって、介護とか、己の体調に関する話、など。
なかなかシビアな話題も増えてきました。
昔は、恋愛のこと、レッスンのこと、仲間のこと、など、自分たちだけのことで一杯だったのにね。
年をとったんだなぁ。(^。^;)
でも、こうやって、みんな一緒にゆるゆる年を重ね、薬の話、病気の話、年金の話などが話題になるくらいまで、一緒にいれたらいいな。
そう思いました。
桜は、見ているだけで平和な気持ちになります。

来月から始まる「令和」は、
梅の花に由来した出典のようですが。
今日の桜のように、
美しく平和な時代でありますように。
☆☆☆
さて、今日は鳥郎寄席です。

☆4月2日(火)

鳥郎寄席

【開演】19:00

【出演】貞寿、枝太郎

【場所】綱島:やきとり鳥郎

【木戸】2000円

これ、かわら版にも載ってません(涙)

ゲストは、枝太郎兄さん。

真打二人出演、飲食しながらのんびりと聞いていただけます。

よかったらぜひお運びください。

おまちしております。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する