おはようございます。

貞寿@富山におります。

「肉山」をご存じでしょうか。

この山を登るには、装備はいらない。

しかし、予約は必要。

「肉山」

吉祥寺に本店がある赤身肉の超有名店です。

予約は半年待ちと言われる「肉山」が、今春富山にも出来まして。

富山店は出来たばかりだから、吉祥寺より予約が取りやすいに違いない!と。

今回の富山滞在に合わせ、家人が1ヶ月以上前から予約を取ってくれました。

やったー!肉山だー!ヽ(^0^)ノ

肉山、というネーミングにちなみ、肉山に行くことを「登山」といい、完食することを「登頂」と言うそうです。

そんなわけで。

富山で、いざ、肉山登山開始!です。

こーんなお肉がコース形式で楽しめます。

メニューは、おまかせの5000円のみ。

飲み放題をつけると、プラス5000円。

お酒は単品でも注文できますが、飲む人は飲み放題にしたほうがお得かも。

テーブルの上にセットされた、プチトマトとキムチをつまみながらビールを飲んでおりますと、まず出てきたのが…

パテ。

牛肉のソーセージ。

肉山、というと、赤身の塊肉のイメージでしたが、アンティバスト的位置付けでしょうか。

三品目より、いよいよ塊肉が出てきます。

赤身が二種類。

焼き加減が絶妙で、柔らかくて美味しい♪

ここで、エリンギ登場。

このエリンギが、今まで食べたエリンギの中で、一番美味しかったかも?

肉厚、ジューシー!

続いて、ここで豚肉が登場。

たしか、ご当地富山の名水ポークだったかな?

脂身の少ない赤身牛が続いたので、脂身ある豚肉がちょっと嬉しい。

これが、冒頭の木箱に入った牛肉。

文句なく美味しい。

多分、これが一番美味しいお肉。

続いて、アスパラ。

このアスパラも、肉厚で、甘味があって、物凄く美味しい。

今まで食べたアスパラの中で、一番美味しかったかも?レベルのアスパラ。

そして、最後の肉。

〆肉?

真の〆にはカレーが登場。

(卵かけご飯も選べます)

このカレーもレベル高い。

ランチとかでこのカレーだけお腹いっぱい食べたいくらい。

後半、大分苦しくなりながらも、無事、肉山登山、登頂しました。

ご馳走さまでした!ヽ(^0^)ノ

年内に富山の別宅を引き払うことになったので、残りの期間で思い残しのないように富山を満喫するつもり。

次回は、肉山登山、ではなく、

霊峰、白山登山に挑戦するぞ!

あと数ヶ月。

よろしく、富山。

©2019 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたの資格情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する