貞寿です。

今日は、大好きな大好きなKAKUTA。

「らぶゆ」

観てきました。 

もーもーもー

休止している間に、KAKUTA、すごいことになってます。

KAKUTAのお芝居は、点と点が段々と混じり合い、螺旋になって、最終的には台風のような巨大な渦にまきこまれる。

ぐっと、えぐられる。

私にとっては、そんなお芝居で。

大好きな、大好きな、劇団。

休止後、再始動するのを心待ちにしていて。

珍しく早々にチケット買って、

今日のこの日を楽しみにしていました。

KAKUTAの皆さん、出演者、みんな素敵なのはいうまでもありませんが。

中村 中さん。

素晴らしかった。

「友達の詩」がとても好きで、

声といい、

存在感といい、

あまりにも儚げで、

実際にいる人物のように思えないくらいだったのだけど。

彼女は、そこにいるだけで、表現者でした。

本当に、素晴らしかった。

そして、バラさん。

あの人は、いったい、この先、どんな人になっていくのでしょう。

化け物なのかな。

まだ、地に足がついていない。

ふわふわ、な、観劇後。

6月2日~9日まで

下北沢、本多劇場にて上演。

全力でオススメします。

どうか、一人でも多くの人が見てくれますように…。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account