梅雨らしいといえば、そうですが。

1日雨の降り止まぬ今日。

貞寿です。

6月は雨の多い時期ではありますが

ジューンブライドの季節でもありますね。

今日は、横浜中華街某所におきまして

ご結婚ご披露宴

ならびに、演芸会がございました。

演芸会での出会いがきっかけで、知り合ったお二人。

みなさんにも沢山楽しんでもらいたい!ということで、第一部は演芸会。

私、和助兄さん、馬玉兄さんが出演。

そして、第二部はご結婚ご披露宴。

私は、引き続き司会も担当いたしました。

会場は中華街ですが、

やっぱり酒は日本酒よね。

ということで、

新郎と同じ名前のお酒も、どーん。

鏡開きのあと、新婦自ら皆さんに振る舞われておりました。

私も、勿論たっぷりいただきました♪

(目がすわってますね)

私にとっては、十年来お世話になっている「横浜の姉」が、嫁いだような心持ち。

ちょっとでも気を抜くと、内心、しんみりしちゃうんですけど。

でも、司会ですから。

おひらきまでは、しっかり進行せねば!と頑張りました。

おかげさまで、なんとかうまくいったかな。

和助兄さんからは、

「講談協会で(多分)琴調先生の次に司会が上手い」

と誉めていただきました。(笑)

結婚はゴールじゃないし、

甘い生活なんて、はじめの3ヶ月だけ。

あとは、現実の生活が続いていくだけ。

そういうことを熟知している二人が、

この先をずっと一緒に生きていきたい、と。

なれそめ講談では結構茶化しましたけど、

「一緒の墓に入ってくれ」

って、実は素敵なプロポーズ、かも?

皆さんの楽しそうな姿をみて、

「横浜の姉」の幸せそうな姿をみて、

私まで、とても、幸せな1日でした。

お幸せに!

ありがとうございました!

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account