本日、貞寿の会@らくごカフェ。

ご来場ありがとうございました!ヽ(^0^)ノ

予告申し上げました通り、

「朝顔日記」と「熊沢蕃山廓のご意見」

コレを組み合わせての長講でした。

五代目貞丈の「廓のご意見」を聞いたときには、さほどでもないとおもっていたのですが、いざ自分が手がけて見ると、この話、完全に滑稽話。

むしろ、それ以外のやりようが見当たらないくらい。

短くもできそうなので、20分くらいの滑稽話に仕立てられれば、定席などでもかけられそう。

うちの師匠は

「なんだか馬鹿らしくて」

なんて言ってましたが、私は好きな話♪

これは、またどこかで申し上げる話になりそうです。

また、私の朝顔日記の方は、ひとまずここで完結です。

私の朝顔日記はね、本当は、めでたしめでたし、で終わる話にしたくないくらい。

思いを遂げられぬ女は、死へ向かう。

これは、四谷怪談をやりこんでいるからの思考なのか、貞寿独自の思考なのかはわかりませんが、過剰なまでに一途な思いは、死へ向かわざるを得ない。

それが今の私の朝顔日記の終着地点です。

ここは、完全にオリジナルなので、本来の朝顔日記とは相反するものですが、貞寿版朝顔日記、として認識いただければ幸いてす。

ご来場ありがとうございました!

☆☆☆

終演後。

らくごカフェでビールを飲み、

いつも会の後に立ち寄る安居酒屋で、

キスの天ぷらを肴に焼酎を飲み、

すでにいい心持ちであるにも関わらず。

私の手元にあるのは、

お客様より頂いた、とある芸協の先輩、春○亭傳○、という兄さんからの割引券。

貞寿に渡せ、とのこと。

えー。

なに、これ受け取ったら、やっぱり行かなきゃダメ?

ひとりなのに。

しぶしぶ、はしご酒。

大体、なによ、この店。

張ってあるポスターは原田龍二だし!

蕎麦もカレーもジョッキに入ってるし!

変な店!

豊富なメニューから、

サービスの手羽先とレモンサワー。

殻付き生牡蠣3個と、

焼き鳥を注文。

なによ、この店。

意外と使えるじゃないさ!(笑)

ちなみにお会計のとき

「春風亭傳枝につけてください」

といってみたのですが、

「できません」

と食い気味に言われました。

兄さーん、この店ツケがきかないよー。

何の話だ?

そうだ、貞寿の会でした。

そんなこんなで、無事、第十回貞寿の会は終演いたしました。

ご来場ありがとうございました!

さあ、これで、心置きなく四谷怪談にうちこめる!!!

8月18日、四谷怪談通し。

ご予約のこり、あと30名くらい承れます。

当日券も若干出しますが、ご予約が確実。

また、キャンセルのお客様、他にチケット回しますので、必ず貞寿までご連絡くださいませ。

夏本番に向けて頑張ります!

皆様のご来場おまちしております!

©2019 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたの資格情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する