弁慶の泣き所って、誰がぶつけても痛いですよね。

貞寿です。

只今、「五福屋騒動」絶賛稽古中。

人それぞれ、やりかたがあると思うのですが、私は基本的にカフェで稽古します。

本当は自宅でゆっくり稽古出来れば、それが一番良いのですが、家では稽古できない訳があるのです。

☆☆☆

昨日。

一週間ぶりにホットヨガに行って、稽古をしてから帰ろうとカフェに立ち寄りました。

しかし、運悪くエアコンが直撃する席しか空いていなくて、ホットヨガで汗をかいた後だったので、下手に冷やすのは身体に悪い、と早々に帰宅しました。

「夕飯食べたら、さっさと稽古しなくっちゃ…」

帰宅後、ブリのアラが安かったので、台本片手に圧力鍋でブリ大根を作っていると、いそいそと母がやってきて。

母「あら、広子ちゃん(←貞寿本名)、今日は家にいるの?ママね、広子ちゃんと一緒に食べようと思って、お肉買ってあるの!お肉食べましょう!」

私「いや、あの、私いま、ブリ大根煮ているところなんですけど…」

母「ええ?!お肉食べないの?!ママ、広子ちゃんと一緒に食べようと思って楽しみにしていたのに…(涙目)」

私「あ、わかりました、お肉、食べます。はい。」

母「よかった♪じゃ、いま、お肉焼くわね♪」

もう、殆ど、脅迫です。

この状況で「食べない」なんて言えないわよね。

ルンルンとお肉を焼くと、

母「さあ、広子ちゃん、食べて!あらやだ、野菜から食べないで、お肉から食べて!ね?…美味しい?」

私「…うん」

母「そうでしょう!これね、すみちゃんの所に行った時にね、お肉御馳走になったんだけど…○×△!!…でね、美味しかったから広子ちゃんにも食べさせたいと思っていたの!ね?…美味しい?」

私「…うん」

母「味付けはね、ニンニクとショウガを多めにいれてね…○×△!!ね?…美味しい?」

私「…うん」

母「もう!うん、じゃなくて、ちゃんと、美味しいって言って!」

私「…美味しい。」

母「そう!良かったわ~♪」

もう、殆ど、脅迫です。

この状況で「まあ普通」なんて言えないわよね。

良く、男性が

「いやあ、彼女が飯作ってくれるのは有難いんだけどさ、一口食うごとに“美味しい?”って聞くんだよ。旨いから食ってるんだからさ、黙って食わせろって思うんだよね」

とか言うのを聞くたびに、

「作ってもらったんだから、美味しい、くらい言え!」

と云い放っておりましたが。

うん。なんというか、その気持ちがわかった気がします。

いや、お肉は美味しかったしね。

作ってくれて有難いな、とも思うのよ。

でもね。

私、ブリ大根食べたかったんだよね…。

ま、いいけどさ。

こんな調子で、母は、こちらの状況など一切お構いなしに、自分のしたいことを強引に通してくる天才でして。

私がまた、母の押しに弱く、完全に母のペースに巻き込まれてしまうタイプで。

母にとっては

「家にいる=休み=かまってもらえる」

という方程式なので、

材料を買ってきて

「ハンバーグが食べたいから作って!」

とか、

どこからか頂き物のお酒を出して

「いまから一緒に飲んで!」

とか、言いだすんですね。

「稽古しなきゃいけないからお酒は飲めないよ」

とでも言おうものなら、

「せっかく広子ちゃんと一緒に飲もうと思って、ママ、楽しみにしていたのに…広子ちゃんたら全然家にいないから、ママ、寂しくて、いつだったら一緒に飲めるかなって楽しみにしていたのに…(涙目)」

もう、殆ど、脅迫です。

この状況で「飲まない」なんて言えないわよね。

結果。

家での稽古が難しくなる。

(ちょいちょい、母の邪魔が入る)

というわけで、カフェで稽古するようになったんですね。

可愛いっちゃ、可愛いんですけど。

母よ、貴方は私の彼女か?

そんなわけで、結局昨日は母の攻撃に巻き込まれ、稽古する気が消失…。

今日は、なにがなんでもやらなければっ!!

母の攻撃を避けるため、早々に家をでて、スタバに陣取りこれから稽古。

「五福屋騒動」

なんとか思いださなければっ!!

明日のなでしこで、「五福屋騒動」ネタだししてます。

☆7月17日(水)

なでしこくらぶ

【開演】13:00

【出演】こなぎ、すず、貞寿、一凛、すみれ、他

【場所】両国・お江戸両国亭

【木戸】1500円、他

【問合】0489-89-4769

ああ。

機能性食品よ。

我に記憶力を授けたまえ。

皆様のご来場おまちしております。

©2019 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたの資格情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する