昔のことの方が良く覚えてる歳になりました。

貞寿です。

昨日は、山形に伺っておりました。

ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

山形、といえば。

今から10年以上前、前座時代に、生意気にも一人で地方の仕事を承った最初の土地。

それが山形でした。

ああ、思い出します。

はじめて、ひとりで地方の仕事。

緊張するやら、ドキドキするやら。

大変だったなぁ。

なんとか、無事に終わって、

東京に帰る前に、師匠にお土産を買わなくっちゃ!と、地元の方にオススメを尋ねると、

「シベールのラスクはどうかしら。軽いし、日持ちするし、山形にしか売ってないのよ。小麦粉からラスクに合ったものを使用して作ってるから、他のラスクとは一味ちがうわよ」

とオススメされました。

師匠は甘い物も好きだし。

よし、じゃあ、ラスクを買って帰ろう!と。

シベール「ラスクフランス」を買って帰りました。

帰宅して、すぐお土産を持って師匠宅へ。

仕事の無事を伝えながら、

「師匠、あの、お土産を買ってきたんです!」

「お前はまだ前座なんだから気を使わなくていいのに…まあ、ありがとう」

「何を買ったらいいかわからなかったんで、地元の方にオススメを聞いたら、ラスクフランスを勧められたので、それにしてみました」

「ああ、そうかい、山形だもんな、名物だ」

「師匠、ご存知なんですか?やっぱり有名なんですね、私、これが山形土産で人気だって知りませんでした」

そういうと、師匠は急に顔を強ばらせて、

「山形といえばコレは有名だろう!いいか、地方に行くときには、その土地の名産品くらいは覚えておきなさい!」

と叱られました。

なんだよー

お土産飼ってきたら叱られちゃったよー

と思いながら

「はい…すみません…」

シュンとしていると、師匠は更に語調を強め

「全く…お前は本当にモノを知らない。山形といえば有名だろう!ラフランスは!

…はい?

あのーすみません。

師匠、もしかしていま、

ラフランスっていいました?

ラフランスって、

コレですよね?

洋梨ですよね?

いや、知ってますよ。

確かに、山形はラフランス名産品ですよ。

でも、私の買ったのは、

ラフランスじゃなくて、

ラスクですよ?

ラスクフランス、ですよ?

あれ?私の聞き違い?

私が戸惑いを隠せずにおりますと、

包みをあけて、中を見た師匠が、

「あれ?なんだコレ」

「ええと…ラスクです、ラスクフランス」

「………」

しばらく、間があったのち。

ちょっとバツが悪そうに、師匠が一言。

「ま、こういうのもあるわな。母さん、珈琲いれて」

おいいいいいーーー!!

もしかして、師匠、

ラフランスと

ラスクフランスを間違えて

私を叱りつけましたか?!ねえ、ねえ!

その後、

師匠は「てへ」と照れくさそうに笑いながら、

自ら珈琲豆をひいて、美味しい珈琲を入れてくれました…

そんな、山形の思い出を抱きながら、高座に上がらせていただきました。

お暑い中、ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

☆☆☆

そして、今日から私はしばらく富山に滞在します。

パソコンメールなどはお返事できません。

何卒ご了承くださいませ。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account