貞寿@ただいま家族サービス中。

昨日は、立山に行ってきました。

立山黒部アルペンルート。

母は足が悪いので、あまり遠出はさせられないのですが。

室堂までバスで来ることができるので、思い切って行ってみました。

母、初めての山。

興奮して、前の日寝られず。

思わず拝む母。(笑)

「生きているうちに、こんなところへ来られるとは思わなかったわ!」

「天国!天国!」

とはしゃぐ、母。

確かに、標高2450メートルの高地には、もう連れてこられないかもなぁ。

舗装された道路はともかく、石畳のでこぼこ道は歩きにくく、怖々、一歩づつ歩くのはやはり疲れたみたいで。

よちよち歩いて疲れた母を、ホテル立山の喫茶店に残しまして、私は軽く展望台まで。

ガスってて、分かりにくいですけども。

室堂平から往復1時間半くらいのところにある展望台まで行ってみました。

ガスってて、イマイチな風景…残念!

せっかくなんで、雪渓に降り立ってみました。

一年中、溶けることのない雪。

この雪は、太古の昔からあるのだとか。

凄いなぁ。

母を山につれてくる事に関しては、戸惑いもあったのですが。

よちよち歩きながら、

母は昔から「山登りをしてみたい」と思っていたのに、父は一向に興味なく、一度も連れて行って貰えなかった、と。

パパとのデートは銀座ばかりだったわ、と。

五十年以上前の父との思い出話を聞かされたりしました。

父のかわりに、母を山に連れて来れたと思えば、来て、よかったかな。

私は気疲れ

母は歩き疲れて

下山後は二人ともぐったりでしたが。

初めての登山は楽しかったみたいで。

母の喜ぶ顔が見れて、よかったです。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する