仲のいい先輩には、ついついタメ口になりがちです。

貞寿です。

本日、しのばず寄席でした。

沢山のご来場ありがとうございました!

月曜日と火曜日、一緒だった枝太郎兄さん。

一日おいて、今日のしのばず寄席もご一緒でした。

今週、枝太郎兄さんばかり会ってます。

別にさほど仲いいわけでもないのに(悪くもないですけど)頻繁に会ってます。

せっかくなんで、

「兄さん、今週一番会った人なんで、ブログにのせてもいいですか?」

「いいよ、あ、なに、写真撮るの?ちょっと待って」

おもむろに眼鏡をはずす、枝太郎兄さん。

「俺さ、眼鏡ないほうがカッコいいよね?」

すみません、どっちでもいいです。

いいですか?撮りますよ。

「待って待って、ポーズとるから!」

かき上げる必要のない髪をかきあげる、枝太郎兄さん。

埃だらけの壁を見上げる、枝太郎兄さん。

「どう?かっこよかった?」

それは、私には判断しかねます。

ブログ読者の方の判断に委ねたいと思います。

このブログのアクセス数が増えたら、兄さんはかっこよかった、ということで。

こうは言っても、

実は枝太郎兄さんとは、私が前座のころからご一緒させていただいています。

だから、十年以上、なんだかんだで定期的にお会いしてるんですね。

違う協会の先輩で、ここまで長くご一緒させていただいている先輩は、そう多くありません。

先輩なのに、

うっかり敬語を忘れでも怒らない、

つい「馬鹿じゃないの?」と言ってしまっても怒らない、とてもいい兄さんです。

たしか来月、にぎわい座で

「枝太郎まつり」

独演会を開催される、はず。

ぜひともお運びください。

よろしくお願いします!

(兄さん思いだなぁ、私)

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する