おはようございます。

東京に戻りました。

貞寿です。

昨日は、ひさびさに師匠と大阪でお仕事でした。

いまは、妹弟子、弟弟子がいるので、師匠の仕事に供することもなくなりまして。

今回、ひさしぶりに師匠と二人きり。

しかし。

新大阪からタクシー移動で1時間半。

な、なに喋ろう…?(^_^;)????

私にとって師匠はお父さんみたいな存在なのでね。

たいして喋ることなんかないのです????

ま、いいか。

長時間移動でお疲れに違いない。

そっとしておこう、うん。

そう思っていたら。

師匠ったら、タクシーの運転手さん相手にまあ、よく喋る、喋る(笑)

大阪の運転手さんって結構喋る方が多いですけど、その運転手さんが無口になるほど喋る。

ノンストップ。

「私は道に詳しいんですよ」

といいながら、結構ベテランであろう地元の運転手さんに、大阪の道の指導をし出すという、貞心ワールド炸裂(笑)

ひさしぶりに師匠節を堪能しました。

(^_^;)????

しかし。

楽屋で二人きりになると、またしても手持ちぶさたになったか、突然運動しだす師匠。

一龍斎貞心、77才。

見事な足腰。

この機敏な動きをみる限り、あと十年は現役バリバリでいられそうです(笑)

私の後に師匠が高座にあがるので、

「お先でございます。大体30分くらいで降りてきますから、その前に袖にお越しください」

控え室で師匠にお声をかけて、袖に向かうと。

誰もいなくなった楽屋に独りでいるのが嫌だったようで、急いで着替えて、私が高座にあがる前に袖へスタンバイ(笑)

「楽屋にいても、暇でよ」

寂しん坊かっ!!

今回は、師匠の御趣向もあり、ひさしぶりに「名人小団次」を読ませて頂いたのですが、袖で私の高座を聞いていらした師匠に、恐る恐るお伺いをしたら。

「うん、まあ、いいでしょ、アクセントで気になる所はあったけど、お前にはもう言うことはないよ」

と。

正直、嬉しい気持ちもないわけではないけど、

「えーやだー!なにか言って言って!」

という気持ちの方が大きい。

真打になると、師匠からですら、滅多にダメを頂けなくなるんだなぁ。

寂しいなぁ。

少しずつ自分でしっかりやっていかなきゃね。

高座も終わり。

立ち寄りがあり、新大阪で師匠と別れますと。

ちょうど、夕飯時。

そうなれば、やっぱり、ちょっとくらい呑みたいよね。

いつもは新幹線の中で呑みますが、

たまには大阪で一人打ち上げでもしようかな、と、居酒屋へ。

刺身盛り合わせ&生ビール♪

これを、キューッと一気に飲み干しまして。

本日オススメの

松茸とハモの揚げ出し&黒生ビール♪

これも、キューッと。

たまらん♪

仕事した後のおいしいお酒と肴。

そして、ひさしぶりに貞心ワールドを堪能した、充実の1日でした♪

☆☆☆

さて。

今日はこれから国立劇場。

演芸場じゃなくて、大劇場です。

ひー。(≧Д≦)

せっかくの機会なので、

こちらも、堪能したいと思います!

今日もよい1日でありますように。

©2020 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する