台風来襲。

どうぞ皆様天気の急変にはお気をつけくださいね。

貞寿です。

こういう仕事をしておりますと、

毎日、伺う先の様子は変わります。

私を知っている方ならいいのですが、

ともすると、誰かが私を勧めてくださって、

「そこまでいうなら仕方ない」と、

渋々承知をする、なんてこともあるようで。

まあ、渋々、じゃなくても

毎回、ウエルカムなわけじゃない。

「どこの馬の骨がくるんだか」

と思っていらっしゃる方もいるでしょう。

ましてや、講談よ、講談。

依頼を受けて現地にいくと、先方が、

「講談って、なに?」

なんて顔をしている。

そんなことも、たまには、あります。

また、特に、私、洋服着てると、未だに小娘扱いされることもしばしば。

「ええ?この子が?真打なのかい?…へぇ、そうは見えないねぇ…」

なんて顔をされる。

そんなことも、たまには、あります。

若く見える、というより、小物感&下っ端感が満載なんだろうと思います。

行った時の対応と、

帰る時の対応がまったく違う。

…なんてことも、あったりします。

多分ね、昨日がそうでした。

人に勧められるままに、

ピンとこないまま依頼してみたら、

来たのは美人でもなければ若くもない、

中途半端な女芸人。

「この人がちゃんとやってくれんのかねぇ」

心配ですよね。

そりゃそうだ。

多分、昨日、そう思われた、と思います。

でも、多分。

帰るときには変わってらしたと思います。

とてもにこやかでいらした。

帰りには、料亭で、鰻をご馳走になり、

さらに、お車代まで。

あとでご紹介者さまから聞いたら

「貞寿さんにお願いしたのは間違いじゃなかった」

と、喜んでいてくださったそう。

こういうとき。

本当に「良かった…」と思います。

心の底からほっとします。

美味しいものをご馳走になる

お金を頂戴する

それはもちろんありがたいことです。

でも、それ以上に

「相手の期待に答えられた」

これが、もう何より大事だし、嬉しい。

私は、いわゆる「営業」というのをしたことがありません。

全部、誰かが声をかけてくださった仕事だけ。

ということは、仕事の数だけ

「貞寿って子がいるんだけど、使ってやって」

と、勧めてくださる方がいたり、

「こないた見た貞寿ってのを使ってみようか」

そう思って下さる方がいるっていうことで。

つくづく、ありがたいことだなぁ、と。

お客様に対しては勿論だけど、

勧めてくださった方の為にも、

ちゃんと期待に応えられる芸人でいたい。

そんなことを考えながら戴いた鰻は、

私にとって「格別の鰻」でございました。

ご馳走さまでした。

☆☆☆

今日は、湯島にお出かけの方も多いと思いますが、どうぞ天候に注意して、怪我のないようになさってくださいね。

行ったら「講談二枚舌」にぜひお立ち寄りを!

今日もよい一日でありますように。

©2019 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する