相変わらず親に弱いです。

貞寿です。

今日は、一日、事務仕事!

「今日中に、小間物屋騒動の台本をつくる!」

というノルマを自分に課し、朝からパソコンに向かっておりますと。

「あら、広子ちゃん(貞寿本名)、今日は休みなの?!」

母、登場。

「うん、でも、今日中に台本書かなきゃいけないから」

そう言っているにも関わらず、

「あら!じゃあ、広子ちゃん、一緒に呑めるわね!ヽ(^0^)ノ」

…いやあの、お母さん。

いま私は、台本を書かなきゃいけない、と言ったよね?

家にはいるけど、遊んでるんじゃないのよ。

仕事なのよ、これ。

わかる?!

「御夕飯の時には呑めるわね!ヽ(^0^)ノ」

母は、まったく人の話を聞きません。

しかし、

ウキウキしている母を、私が、ないがしろにできるはずはなく。

結局、

「も~…まだ、仕事あるから、一杯だけね」

という約束で母と呑むことに。

「わーい!ヽ(^0^)ノ」

大喜びな、母。

シャンパンを片手にご機嫌な母。

ありあわせですけど。

母の好きそうなものを適当に急いで作ると、珍しく、おかわりして、お酒を呑む母。

「広子ちゃん、次はウイスキー頂戴!」

私は店員か!

と、思いつつ。

「ソーダ割でいいの?」

といいながら、仰せのままに働く私。

すると。

なぜか、おもむろに携帯電話を取り出し。

敬老会の友達に電話をする母。

「もしもし、あのね、いま、娘と呑んでるの!娘がね、いろいろ作ってくれてね、一緒に呑んでるの、私、幸せでーす!ヽ(^0^)ノ」

ちょ、ちょっと待って、母よ…。

その友達、たしか、一人暮らしですよね…。

自慢ですか?!

自慢するために電話してるんですか?!

独居老人にむけて、あなた、なんという電話してんのよ…。

とは、思いましたが。

まあ、喜んでるなら、いいか。

仕事があるときは勿論、

稽古の時も殆ど家にいないので、

結局、あまり家にいない私。

ちょっと、寂しい思いさせちゃったかな。

いろいろ予定は狂いましたが、

たまには、いいかな。

明日から、遅れを取り戻せばいいや。

家族がいると、自分の思うとおりにはいかないことも沢山ありますが、

すっかりほろ酔い加減で、

「今日は幸せでした~おやすみ~(#^_^#)」

と、自分の部屋に帰って行く母を見ると、

「…まあ、いいか」

と。

そんなわけで。

結局、今日は飲んでしまったので。

サッカー見て、

バスケット見て、

寝ちゃうことにしようかな!(←アホ)

明日は、(きっと)頑張るぞ!

あ。

明日は、ラグビーで南アフリカ戦があります。

4年前のあの伝説の一戦を見た人も見てない人も、これは非常に楽しみなカードなので、良かったら見てね。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account