おはようございます。

貞寿です。

久々に、愛山先生好感度向上委員会の活動をご報告申し上げます。

愛山先生は、とてもとても心配性です。

昔は、鍵をかけたか、ガスの元栓を閉めたか、気になり出すと大変だったそうです。

そのため、今でも楽屋には開演1時間半前に入るのを基本として、早め早めの行動をされます。

基本的に、イレギュラーな行動を好まない先生です。

今日。

愛山先生は、喬太郎師匠の会「きょんスズ」ご出演のため、スズナリに行かなければなりません。

しかーし!

ただでさえ迷路のような、下北沢。

若者が多くゴチャゴチャした町、下北沢。

この下北沢で、スズナリにたどり着けるかどうか不安になった愛山先生。

「下北沢は苦手だ。スズナリまでたどり着けるかどうか心配だ。貞寿、駅まで迎えに来てくれ」

「…へ?」

「どうせ勉強にくるのなら、楽屋にいようと駅に迎えに来ようと同じだろう」

「…はい。では、駅までお迎えにあがります」

「駅もゴチャゴチャして分からない、改札口が分からん。ホームまで来てくれ」

「え?ホーム?!」

「駅まで来るんだ、改札口で待っていても、ホームで待っていても同じだろう」

「…はい、承知しました」

ということで。

不安性な愛山先生。

普段、小田急線を使っているにも関わらず。

下北沢駅の改札口が不安で、

駅から徒歩7分くらいのスズナリまでの道のりが不安で、

私、お迎え係に任命されました。

私は、井の頭線で下北沢駅までいくつもりでしたが、小田急線ホームまでお迎えにあがります。

本日、着ているのは勿論。

愛山Tシャツです。

このTシャツで新宿から小田急線に乗りました。

そして、愛山先生と合流。

ほっとした顔の愛山先生。

その顔の可愛いこと!(笑)

先生をアテンドしながら、スズナリへ。

楽屋でひとり愛山。

ああ。

絵になるわー。

これから高座です。

憧れのスズナリ、楽しみ楽しみ。

今日は、愛山先生のお付きとして伺っております。

いま一番太鼓がなりました。

まもなく開演です!

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account