寒い寒い寒い。

おはようございます。

貞寿です。

週末は、ちらっと久しぶりに実家に帰っておりました。

私の可愛い姪っ子と甥っ子に会うために♪

たまにしか会わないもんだから、無責任に可愛がれる。

おばちゃんは、もうこの子たちが可愛くて仕方ないのです。

姪っ子のエリは、私の携帯のロックをいつの間にか解除し、勝手に使い出す(コラコラ)

そして、私が使ったことのないアプリをあっという間に使いこなし、

「広子おばちゃん、写真撮ろう!」と。

言われるままに、撮ってみました。

「広子さん、ネズミっぽい顔して!」

はいはい、ネズミね。

「はい、撮るよ!」

パシャ。

…うーん。

なんか、10才女児のほうが46才中年女より大人っぽくない?

「広子さん、ネズミみたい!変な顔!(≧∀≦)」

姪っ子エリには大ウケ。

おまえがネズミっぽくしろと言ったんじゃないか!

ただの痛い中年よ、これ。

(でもせっかくだから載せるけど)

「次は、これ!」

あ、まだ撮るんですね、はいはい。

「はい、撮るよ!」

パシャ。

わかりますでしょうか。

姪っ子と私の顔が入れ替わっております。

な、なんだろう。

特に違和感がないところが、違和感。

怖いわ!

これも、姪っ子エリには大ウケ。

子供のウケるポイントがよくわからん。

(でもせっかくだから載せるけど)

甥っ子は、

「広子さんはいつくるの?」

と数日前から騒ぎ出し、

前の日には、夢まで見てくれた、らしい。

「広子さん、昨日も来たよね?」

だって。

ああ、なんと可愛いことか!!!(≧∀≦)

帰りには、私の手をぎゅーっと握りしめて

「帰らないで!!」

「帰るなら、明日も来て!!」

だって。

ああ、なんと可愛いことか!!!(≧∀≦)

おばちゃん、幸せです。

どうせあと2~3年もしたら、相手してもらえなくなるのは分かっているので。

しばらくの間は、この人気を維持しつつ、子供からの愛情を堪能しようと思います。

愛しの甥っ子姪っ子から愛情をたっぷりチャージして、夕方には東京にもどりまーす。

今日もよい一日でありますように。

©2019 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する