おはようございます。

貞寿です。

ずーっと、観たい!観たい!と思っていた映画をようやく観てきました!

白石和彌監督作品「ひとよ」

大好きな劇団KAKUTAの作品が映画になる!と聞いて、

「もう、絶対観る!公開されたらすぐ観る!」

そう思っていたのに、

11月8日に公開されてから約一カ月。

ようやく観に行くことが出来ました!

子供たちの為に、夫を殺す母親。

重苦しいシーンから、物語は始まります。

バラさんの原作の世界観を崩さず、

でも、KAKUTAとも違う。

家族とは。

幸せとは。

考えさせられる作品。

個人的には、

バラさんのスナックのママ役をはじめ、KAKUTAのメンバーが画面にでているのも嬉しく、

役者も全員本当に見事で、観に行って本当によかった。

お芝居のほうが、

「ひとよ」

に焦点が合っていたように思うし、

設定はやはり舞台向きのようには思いますが、

映画として、とても素晴らしい作品だと思います。

まだまだ、劇場公開中!

重い映画ですけど。

でも、シリアスなだけじゃない。

クスッと笑えるところも、また見どころのひとつ。

とりあえず。

今度カラオケに行ったら

岡村孝子の「夢をあきらめないで」を歌おうと思います(笑)

とても、素敵な映画でした。

よかったら、ぜひぜひ、劇場で観てみてね。

(私はどの立場でおススメしているやら?)

©2020 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する