おはようございます。

貞寿です。

昨日。

昼は、愛山先生の大高源吾に打ち振るえ、

夜は、女流で義士の会。

ああ、これぞ講談師の年末。

沢山のご来場ありがとうございました。

夜の会は、場所が川口だったので、地元の方向けの講談会かと思いきや、御常連のお客様も多数お運びくださいました。

赤垣と、両国橋と、南部坂。

鉄板すぎるネタの並び。

御常連の皆様には物足りなかったかな?

お帰りの際、私服に着替え、お客様さまの送り出しをお手伝いしておりましたら、

「あら!貴方さっき出た方?全然わからなかったわ!」

「おい、ほら、さっきの人だよ」

「え?誰?おまえの娘?」

「違うよ、講談師だよ」

等々。(笑)

そこまでわかりませんかね?(^。^;)

私、思わず笑ってしまう位、私服になると芸人オーラが消えるらしい。

多分。

この兄さんも、人混みに紛れてしまうとタイプじゃないかな?

今日はこれから、大好き小せん兄さんと二人会です。

☆12月11日(水)
待ってました!柳家小せん・一龍斎貞寿 二人会~「たっぷり」

【開演】19:00
【出演】小せん、貞寿
【場所】新宿三丁目・道楽亭
【木戸】予約2500円、当日2800円
【問合】03-6457-8366
【備考】希望者のみ打ち上げあり、別途3500円

ああ。

小せん兄さんだ。(≧∀≦)

うれしいな、うれしいな。

舞い上がって、しくじらないように。

稽古してから向かいます。

ちゃんとできますよーに。

良かったらぜひ、お運びください。

ご来場おまちしております。

©2020 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する