おはようございます。

貞寿です。

昨日は、
寄席井心亭 師走

でございました。

みなさま、ありがとうございました。

三鷹・みたか井心亭で毎月行われております、寄席井心亭。

喬太郎師匠の会に、貞橘兄さんと二人で呼んでいただきました。

極月。

つまり、義士月。

黒紋付を着た講談師が二人楽屋にいる。

…ということで。

ものの見事に

義士、義士、義士、義士、赤穂義士!

という会でした。

すごいわー

全部、義士よ。

しかも。

白日の約束から、3月14日、殿中刃傷に入って、義士本伝へ。

忠臣蔵の発端から討ち入り、寺坂の口上へと続いて、仲入り。

トリは、カマ手本。

すごいわー

こんな会できるのは、喬太郎師匠しかいらっしゃらない。

この日のカマ手本は、圧巻でした。

できれば、講談のお客様にもきいていただきたかったなぁ。

おそらく。

お客様よりもきっと、

私が一番嬉しい会でした。

ありがとうございました。

この寄席井心亭は、来年6月、あと半年、300夜を持ちまして終了となるそうです。

あと、半年よ。

どうぞ皆様、お見逃しなく!

☆☆☆

そして、本日。

私は、広小路亭講談会。

貞橘兄さんは、日本橋夜席。

それぞれ、協会の席に出ております。

よかったら、ぜひ、お運びくださいませ。

皆様のご来場おまちしてまーす。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account