貞寿です。

大相撲初場所も中日を過ぎまして、ちょっと波乱の展開となってきましたね。

先場所優勝の白鵬と横綱鶴竜が早々に休場となった今場所。

先場所休場した豪栄道が勝ち越せるか?

関脇に落ちてしまった高安は大関復帰なるか?

朝乃山は大関チャレンジへつなげられるか?

貴景勝は横綱を狙えるか?

などなど、気になる対戦が多い場所でもありますが。

なんと。

前頭四枚目の正代、ならびに前頭十七枚目の徳勝龍が九勝一敗でトップを走る!

いまや、優勝候補筆頭は正代。

高安、豪栄道、貴景勝を下し、大関相手に三連勝。

今日もさらに星を伸ばし、平幕優勝が現実味を帯びてきました。

対抗筆頭は、星一つの差で追う貴景勝。

さあ、今場所どうなりますか?

 面白くなってきました。

あと、個人的にはね。

大関から三段目だったかな、番付を大きく落としてしまっていた照ノ富士が十両まで戻って、只今負けなし十連勝!

年内には、幕内に戻ってきてくれそうな気配♪

十両優勝、可能性大、ですよ。

ああ、なんだかんだで、楽しんでいる大相撲。

今日は、そんな熱い両国国技館の近くにて、講談どんぶり会、でした。

昭和26年5月3日から始まった、どんぶり会。

名だたる名人たちが上がった高座に上げていただけるのが、とても嬉しい!

さらに。

貞山先生と鰻丼。

これも嬉しい!(笑)

どうかどうか、この会がずっと続きますように。

本日は寒い中大勢様お運びくださいまして、誠にありがとうございました。

©2020 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する