おはようございます。

貞寿です。

今日は、節分。

なんとなく「2月3日が節分」という気がしますが、厳密には「立春の前日が節分」なんですよね。

さらに厳密にいえば、「立春、立夏、立秋、立冬の前日はみんな節分」だから、年に4回あることになるんですよね。

春の始まりである「立春」は、昔、元日同様の扱いであったことから、立春の前日の節分は、他の日とは違う、特別な日の扱いだったそうな。

ああ、こういうことに詳しいあたりが、貞心の弟子っぽいですね。(笑)

私はわりと「年中行事は、ちゃんとやりたい派」。

豆まきは勿体ないのでやりませんが、歳の数だけ食べたりします。

母、ミツ江、82歳は、

「もう、豆を食べるだけでお腹いっぱい」

だそうです。

うん、82粒は結構なボリュームよね。

それでも、恵方巻は食べる。

平成10年ごろから全国展開されるようになった恵方巻の習慣。

これに関しては「やらなくてもいいかなぁ」と思いつつも、母が楽しみにしているので、うちでも太巻きは作ります。

中身は毎回、適当。

今年は、いんげん、卵焼き、しいたけ、油揚げ、アボガド、カニカマ、まぐろ。

一応、7種類入れてます。

巻いて巻いて~

出来あがり~

さあ、実食。

今年の恵方は西南西、だそうです。

黙って、食べてくださいね。

とりあえず、拝んでからたべる母。

(なんで?)

いかがでしょう?

てか、母の顔が怖い。(^。^;)

あの、大丈夫でしょうか。

「美味しい~!ヽ(^o^)丿」

よかったです。

面倒くさい思いして作った甲斐があるってもんです。 

皆様も邪気を払って、清い心で明日の立春をお迎えくださいね。

©2020 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する