この三連休、クローズの会が中止。

(お寺での会だから仕方ないけど)

そして今、今週のお仕事も夏以降の延期、という連絡。

コーローナーッ!!!(怒)

このやり場のない怒りをどこへぶつければいいんでしょう。

私どものような仕事は、平和が前提で成立するもの。

仕方ない、とはいえ、辛いわぁ。

おはようございます。

貞寿です。

こういう時期なので、今日はちょっとほっこりとしたお話を。

昨日のこと。

台所で夕飯の支度をしていると、母が、

「広子ちゃん、ちょっと、ちょっと」

と手招きをする。

「なぁに、いま夕飯作ってるんだけど」

と言いながら母の所へ行くと、

「はい、これ」

渡されたのは、一万円札。

「なに、どうしたの」

「広子ちゃん、お誕生日でしょう」

「え?」

「ママ、もう、なにもしてあげられないから。これでなにか美味しいものでも食べて」

そう言って、母は私に一万円札を渡しました。

母よ。

昨日、2月23日は、天皇誕生日。

私の誕生日ではなく、陛下の誕生日だ。

多分、TVで陛下の誕生日のインタビュー放送を観て、

「あ、大変、広子ちゃんも誕生日だ!」

と思いだしたに違いない。

でも、おしい。

私の誕生日は、2月25日なんだよね。

渡された一万円札。

どうしようか、と一瞬悩んで

「うん、ありがとう」

と受け取ることにしました。

母からお金をもらう、なんて。

何年ぶりだろう。

年金しか収入のない母にとって、

この一万円は、きっと私以上に高額なお金であるはず。

いまはもう、

自分の身の回りのことでしか出来なくなった高齢の母が、

もう、なにもしてあげられないから、と、

私のためにくれた、一万円。

母にとって、恐らく、精一杯の一万円。

だからこそ、受け取ることにしました。

「よかった、なんでも好きなことに使いなさい」

母は、嬉しそうに自室に帰って行きました。

いつもは、

「広子ちゃん、あれやって」

「広子ちゃん、これやって」

「ママ、これ食べたい、作って」

など、どっちが母親だかわからないような日々ですが、

年に一度。

母が、私の母でいようとしてくれる日。

それが、私の誕生日なのかもしれません。

でも、母よ。

繰り返すが、昨日は陛下の誕生日。

私の誕生日は、2月25日だ。

うちの家族は誰ひとりとして私の誕生日を覚えていない。

まあ、いいけどさ。

来年こそは、覚えていてくれますように。

(そしてこれ以上、仕事が中止になりませんように)

©2020 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する