アンコールワット遺跡群の中で、最も大きいもの。

それが、アンコールトムです。

アンコールワットは1113年から40年かけて建設された、ヒンズー教の建造物。

しかし、その後、チャンバ軍の攻撃に打ち勝ち、アンコールを解放に導いたジャヤバルマン7世によって建設されたのが、アンコールトムです。

3キロ四方に囲まれた城壁の中に、中央寺院であるバイヨンなど、様々な遺跡が点在してます。

クメールの微笑み、というちょっと不気味な顔の下をくぐり抜けると…

バイヨン寺院。

アンコールワットよりも柔らかい石を使っていたり、元は仏教寺院として建てられたので、後にヒンズー教の人達に破壊されたりして、結構崩れているのが残念。

でも、広い。

ぐるっと取り囲む回廊には、ワットと同じような彫刻が絵巻のように施されています。

隣にある、バプーオン。

そのほか、とにかく色々ありますが、中で私が気に入ったのがコレ。

ライオンの像。

あのね、この子ね、おしりがぷりっとしてて可愛いのです。

ほらね?

プリケツっ!可愛いっ!(≧∀≦)

そのほか、木々に浸食され、いずれ自然に飲み込まれてしまう遺跡、タブローム。

木が浸食している遺跡は、修復ができない(かえって壊れてしまう)ので、朽ちていく様を見守るしかないのだとか。

いやはや、自然の力って凄いです。

ここは、アンジェリーナ・ジョリー主演映画『トゥームレイダー』のロケ地として大人気だそうです。

ひとつひとつ、あげたらきりがない。

正直、時間がいくらあっても足りないくらい。

毎日、昼は早朝から遺跡をめぐり、

夜は舞踊とか影絵とか、こちらのエンタメを観に行ってます。←これは一応勉強もかねて。

日中、38度近くまで上がることを除けば、とても見応えのある街、シェムリアップ。

明日が滞在最終日です。

明日も朝から地方の遺跡を見に行くので、移動時間中、多分どこかでまたblog更新すると思います。

講談は一切関係ないので、お暇つぶしにしてね。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account