のっけからロードか?!

おはようございます。

貞寿です。

昨日は、

なでしこくらぶ、からの、日本橋亭夜席。

どちらの会場も、いつも通り。

いえ、いつも以上のご来場を賜りました。

ご来場ありがとうございました。

なでしこくらぶでは、超久々に寛永三馬術を出してました。

本当は、こみっちゃんとの二人会でやるハズだった読み物です。

それが中止になってしまって、何だか気が抜けていた所で、なでしこくらぶのことを思い出し、急いで覚え直しをした…という。

でね。

とりあえず音で聞きたいな、

馬琴先生の音源とかネットに上がってないかなー?と探してみたら、なんと、最初にヒットしたのが、談志師匠!(笑)

なんで?!

講談師じゃないの?!

てか、談志師匠、寛永三馬術やってたの?!

それじゃあって聞いてみたらね、これが大島伯鶴先生の本なんですよ。

随所にね、伯鶴先生っぽい表現があってね。

それを談志師匠が

「いいね、こういうところが講釈だね」

なんて言っててね、

もう、ニヤニヤしながら聞いてしまって。

つまり、完全に一視聴者となってしまい、勉強にならなかった、という(笑)。

こういう、誰もが知ってる話というのは、やっぱり難しいですね。

普通にやる。

それが本当に難しい。

で。

夜席の方はトリで。

「は組小町」をだしてました。

ネタを出した時には、まさか、こんなご時世になるとは思ってなくて。

人が死ぬ話で、本当に申し訳ありません。

でも、その分。

「ちゃんとやろう」

そう、思いました。

いま、私が出来る中では、

最大限頑張ったつもりではあります。

でも、本当ならね。

こんな時期にトリならば。

めでたしめでたし、で終わる話にしたかった。

そういう話が聞きたかった方、

申し訳ありませんでした。

そんなこんなで、

とりあえず昼夜終わって。

さあ、さあ、打ち上げ!!o(^-^)o

あーじゃない、

こーじゃない、

いろんな話しながら、お酒を飲む。

講釈、最高。

楽屋で、前座をからかいながら、

くだらない話で盛り上がり、

先輩の高座に耳を傾け、

自分も高座で講談を読む。

終わったら、

お酒を呑みながら、

他愛もない話に花を咲かせる。

なんでもない日常。

ごく当たり前の風景。

これが、いまとなっては幸せなことだったのだと、しみじみ思います。

今日は、

昨日差し入れいただいた、

海木のだしいなりでお昼ごはん。

大好きな、博多の味のひとつ。

「好きだ」

と言っていたものを覚えていてくれて、

差し入れいただける。

これも、本当に幸せなことです。

ありがとうございます。

これから、しのばず寄席。

当たり前の幸せを噛み締めつつ。

今日も良い一日でありますように。

©2020 一龍齋貞寿

一龍齋貞寿へのお問い合わせ

ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。 確認でき次第、ご連絡させていただきます。

送信
赤井情報網

あなたのログイン情報を使ってログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

アカウントを作成する