今日は暑い一日でしたねぇ。

梅雨の晴れ間、朝からガンガン洗濯機を回し、

シーツやタオルケットなど大物もガンガン洗濯しました。

あーすっきり♪

しかし、こう暑いと冷たい飲み物が欲しくなります。

うちの冷蔵庫もフル稼働。

すぐ飲める冷たい飲み物がぎっちり詰まってます。

(ビールとか、ビールとか、ビールとか)

うちの冷蔵庫、実は二十年前に購入した物でして。

なんと、私の芸歴よりも、長い。

言わば、冷蔵庫兄さんです。

(↑兄さんって)

でも、うちの冷蔵庫兄さん、当時は最先端と言えど、もう現役二十年。

いまだ元気バリバリですが、いつ故障するとも限りません。

先日、家人の口座に定額給付金3人分、30万円が振り込まれました。

「天からお金が振って来た~♪」

私は大はしゃぎ(笑)

温泉旅行にでも行く?

あ、でも、まだ旅行なんか行けないか、さて、どうしよう?というと、

家人は冷静に、「これで冷蔵庫を買おう」と言いだしました。

この定額給付金は、生活費、もしくは消費に回すべきお金だ。

貯金をするためのものではない。

うちの冷蔵庫はいつ壊れてもおかしくないから、この機会に買い替えよう、と。

なるほど。

今のところ、うちは生活費には困っていません。

冷蔵庫は、壊れてから買い替えたんじゃ遅いし、

先日の緊急事態宣言の際には、頻繁に買い物に行けず、

うちの冷蔵庫兄さんは、やや小柄なので少々苦労しました。

(↑言い方)

まあ、二十年も頑張ってくれたしね。

いづれ買い替えなきゃいけないものだしね。

うん、いいんじゃない?

給付金で冷蔵庫を買いましょう!

話は決まり!

と、思っていたのですが。

この話をだまーって聞いておりました、母。

夜中に、こっそり起きだして参りまして、

「広子ちゃん、ママ、話があるの」と。

聞けば、母は、冷蔵庫じゃなくて、現金が欲しい、らしい(笑)

「ママ、年金は全部お小遣いだし、生活費は全部私が出しているんだし、なにも困ってないじゃない」

「うん、困ってない」

「ママになにかあったって、全部私が出すんだから、別に貯金する必要ないじゃない」

「うん、必要ない」

「なにかほかに買いたいものがあるの?」

「ううん、特にない」

「じゃあ、冷蔵庫買ってもいいんじゃない?」

「いや、ママ、現金で欲しい!」

「なんで?」

「なんでも!なにかあった時の為に貯金したいの!」

と。

うーん、まあ、いいんですけどね。

足りない分は家計から出せばいい話なんでね。

でも、なにか買いたいものがあるから、それに使いたい、というならば分かりますが、

ただ、使わずに貯金したいだけ、のようなんですよねぇ。

母に何かあったら、どうせ私が全額出すし。

このお金って、そういうお金じゃないと思うのだけど。

定額給付金の使い方を巡って家族が喧嘩したりするってニュースで見ましたが。

なるほど、こういうことか。

うーん。どうしたものかなぁ。

とりあえず。

近いうちに、購入候補の冷蔵庫をいくつか選びだし、それを母に見てもらい。

「これを買おうと思うのだけど、どう思う?」

とプレゼンすることに。

果たして、母は、冷蔵庫を新調するのに賛成してくれるかどうか?

我が家の定額給付金の行方はいかに?

ここからが面白くなるところでございますが、また後日の連続とさせていただきます(笑)

(↑続くんかーい!)

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account