今日から7月!

貞寿です。

本日開催されます

Wonder Woman’s Works「落語の仮面」1

ご予約で完売となりました。

当日券はありません。

何卒ご了承くださいませ。

☆☆☆

講談には多種多様な話があります。

軍記、武芸物、お家騒動、金襖…

様々あります中に、

侠客、というジャンルがあります。

皆様ご存知「清水の次郎長伝」に代表される、博打うちの話です。

講談の代表的な話の一つですが、実は、一龍斎はあまりやりません。

というのも、五代目貞丈先生が、

「一龍斎のお家芸は義士伝を始めとする侍の話だ。口調が荒れるといけないから、芸がちゃんとするまでは、侠客はやらないように」

とおっしゃっていたそうで。

そのため、私も師匠から

「侠客は真打になるまでやっちゃダメ」

と言われておりました。

で、晴れて三年前に真打に昇進いたしまして。

「やった!これで侠客も出来るぞ!」

待ちに待った侠客伝の解禁!

期待に胸踊らせ、意気揚々と最初にやらせていただきました侠客伝!

それが!

「任侠流山動物園」

これでいいのか?一龍斎。

五代目の教えはそういうことなのか?

と思われる方もお出ででしょうが、

実はこれ、立派な侠客伝なのです。

しかし。

牛とか、豚とか、チャボとかが出てくるので、

家で稽古できなくて、

外でも稽古できなくて、

ああ、ちゃんと出来るだろうか…💦

しかし、今日やらなきゃいけない。

稽古もやるしかないので。

ラージサイズの珈琲片手に、

周りの白い目に耐えながら、直前稽古。

ああ、私は頭のおかしい人じゃないんだよー

ただの講談師なんだよー

と、心の内。

頑張りまーす。

本日ご予約されたお客様、

どうぞ生暖かい目でみてやってね。ね。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account