貞寿です。

昨日、花便り寄席で、

いろいろ反省点はありましたが、まあ一応ネタおろしをしたので、

自分へご褒美!

ラピュタ阿佐ヶ谷にて「次郎長三国志」を観てきました!

言わずと知れた、村上元三先生原作「次郎長三国志」

マキノ雅弘監督がメガホンを取り、1951年に封切られた作品です。

「次郎長三国志」というと、鶴田浩二の次郎長のイメージだったんですが、

本作は、その約10年前、1952年に東宝で作られたもの、でした。

次郎長役が、小堀明男。

桶屋の鬼吉が、田崎潤。

大政が、河津清三郎。

いやー、みんないいんだけど、田崎潤がもうたまらない。

お蝶役は、若山セツ子。

なんて可憐なんでしょう!

低予算で始まったものの、人気爆発、すぐさまシリーズ化して9作品作られたのですが、荒神山の途中まで、未完のままで終わったそうです。

本作は、そのシリーズ第一作。

米屋の次郎長がばくち打ちとなり、桶屋の鬼吉、関東綱五郎、大政を子分にし、喧嘩の仲裁を成し遂げ、男を売り出すまでのお話。

いやぁぁぁぁ。

面白かったぁぁぁぁぁ。

来週からは

「次郎長三国志~次郎長初旅~」が始まります。

なんとか頑張って、

この機会に9作全部鑑賞したい!

次郎長三国志の面白さを再確認した一日でした♪

ちなみに、今回初めて伺った「ラピュタ阿佐ヶ谷」さん。

とっても素敵な映画館でした。

今度行ったら、会員になっちゃおう。

とっても素敵な一人週末、でした♪

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account