おはようございます。

貞寿です。

 

はまりまくっている次郎長三国志。

折返しの第5部

「殴込み甲州路」

先日、観てきました〜(。♡‿♡。) 

 

 

いやー面白かったっ!!!

 

祭で大賑わいの清水港。

大熊の博場を荒らしていた勘助と次郎長が、いずれ喧嘩しなきゃいけなくなる。そうなれば次郎長の命も危ないから、と、女ながらにひとり、甲州路へ物見にいく投げ節お仲が、逆に次郎長一家だということがばれて、囚われの身に。

お仲を助けんと次郎長一家が甲州路へ乗り込み、血煙上げての乱戦となる!!!

…という、もう、あらすじだけで面白い。

いいキャラだったのに、三保の豚松がここで、黒澤監督の七人の侍に出演するため離脱。

ああ、残念…。

惚れたお仲の為、八面六臂の大活躍を見せていた石松が目を負傷しちゃうのも、この場面。

乱戦の結果、無事にお仲を救い出すことは出来ましたが、次郎長は凶状持ちとなり、ここから苦しい旅を強いられます。

次郎長の女房、お蝶にとっても、これが初旅となりますが…。

原作を読んで、この先を知っている者としては、次の展開が気になるところ。

 

乱戦シーンだけでなく、次郎長とお蝶の馴れ初めやら、お千ちゃんの嫁入りやら、人物に焦点をあてた見どころも盛り沢山。

 

ああ、面白かったーっ!!

やっぱり次郎長最高ーっ!!

 

平日の午前中。

ディープで幸せなひとときを過ごしました♪

( ◜‿◝ )♡

 

☆☆☆

 

さて、明日は。

木馬亭講談会にお邪魔させていただきます。

 

☆2月28日(日)
木馬亭講談会
【開演】13:00
【出演】銀冶、山緑、貞寿、貞橘、琴調、他
【場所】浅草・木馬亭
【木戸】2500円、他
【問合】03-3820-3352

 

トリの貞橘兄さんは、神崎東下りのようですよ♪

これは聞かねば!

 

皆様のご来場お待ちしております!

 

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する