貞寿です。

 

いよいよ、明日から、

「ヤマザキ春のパン祭り」のように毎年春に開催されております、講談界の春まつり「伝承の会」が開催されます。

 

東西の講談師が一堂に会し

「各流派を超えて伝承された話を披露する」

という、画期的な会です。

 

当会は、貞水先生のご尽力があってはじめて成し得たこと。

改めて、先生のお力をひしひしと感じます。

 

私も、一龍齋の一人として、

貞水先生が発起人となって開催されているこの会で、恥ずかしくないように。

そして、話を教えてくださった南左衛門先生に

「貞寿に教えてよかった」

と思ってもらえるように。

(ハードル高かったかしら)

しっかり高座に挑みたいと思います。

 

私の出演は、

10日、14:30~

 

↓そのほか出演順などは画像を参照ください。

 

おそらく、当日券はないと思います。

(特に初日は難しいかと思います)

 

長丁場になりますので、適度に休みながら、

講談漬けの三日間をお楽しみくださいね。

 

ご来場お待ちしております。

 

☆☆☆

 

追記。

個人的なことですが、

今日は、先代の猫、サンちゃんの命日。

 

賢くて、おとなしくて、怖がりで、甘えん坊で。

人を気遣うところのある猫さんで。

お腹が空いても飼い主が起きるまで、

側でジーっと待っているような子でした。

3月9日に亡くなったのも、「サンキュー」と言っているように思えて。

(単なる偶然ですけど)

 

今のやんちゃ猫、サラとは大違いですが(笑)

 

今日は、サンちゃんを偲びつつ、うちのじゃじゃ馬(じゃじゃ猫?)を可愛がろうと思います。

 

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account