貞寿です。

 

毎度でございますが。

私の週に一度のお楽しみ!

 

次郎長三国志 第七部

初祝い清水港

 

観に行ってまいりました~!!

 

 

今回の次郎長三国志はね。

前作で亡くなったお蝶の百箇日が過ぎるまで、酒も博打もやめて喪に服す次郎長一家。

世間からは「だらしない」とか言われるわけですよ。

でも、内蔵助よろしく、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、久六を油断させておいてから、お蝶の仇を討つ…という、ちょっと忠臣蔵っぽいお話。

多分、ダレ場になるんだろうと思うんですけど、なんとなく忠臣蔵オマージュっぽくて、私は楽しく見させていただきました。

 

で、発見。

 

確かに、ダレ場は飽きる。

飽きるんだけど、なんでしょう、いままで7話も見てきていると、次郎長一家にすっかり思い入れが出来ていて、ダレ場のエピソードの一つ一つが愛おしく思えるんですよね。

 

ああ、講談の続き物も、お客さんはこんな風にみていらっしゃるのかも…。

 

なんてね。なんでもかんでも、講談に置き換えて考えるのは私の悪い癖ですが。

毎週の楽しみにしてきた次郎長三国志も、残すところ、あと2回。

早く続きが見たいような、でも、終わりが来てほしくないような。

 

次回は「第八部、海道一の暴れん坊」

金毘羅代参あたりの話らしいので、森繁久彌さんの石松が大活躍!なはず!

ああ、楽しみだなぁ~!

 

また、来週を楽しみに♪

 来週もがんばりまーす!

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

資格情報を使用してログイン

または    

あなたの詳細を忘れましたか?

Create Account