おはようございます。

貞寿です。

 

昨日は、柳亭こみちさんとの二人会

「龍と柳」でした。

ご来場くださったお客様、ありがとうございました。

 

 

この日は「他の芸に挑戦」ということで、

こみっちゃんが「間違いの婚礼」

私が「転宅」に挑む!という企画。

 

私は、「転宅」を「お富与三郎 玄冶店」の前日譚として構成してみました。

 

そもそも「お富与三郎」は与三郎を主軸に話が進んでいくので、お富に関する記述はあまり多くありません。

木更津から玄冶店に到るまでの間も、与三郎を中心に話が進んでいくので、お富の様子は描かれていません。

転宅が、お富与三郎の舞台設定と非常に近かったこと、お菊のキャラがお富でも成立する、と確信したことから、「じゃあ、お富が木更津から玄冶店に到るまでのエピソードとして描いたら面白いんじゃないかな」と思って、作ってみました。

 

いやぁ、言うは易く行うは難し。

サゲは勿論そのままじゃ成立しないのでね。

一言で言って、すっごい大変でした…(笑)

 

でも、その分、非常に思い入れのある話となりました。

 

落語のお客様だと、「玄冶店」とセットでやったほうがいいのかな、と思うのですが、

講談のお客様なら、多分、これだけでやれる気がします。

どちらにしても、やる場所を選ぶ話だとは思いますが、折を見てやってみたいな、と思います。

 

終わってから。

 

横浜の姉と、人形町 田酔へ。

しっぽり小料理屋で一献。

 

 
雰囲気のいい小料理屋さんで。
とてもよいお店!
 
 

昨日まで緊急事態宣言中だったので、短い時間でしたが、楽しい時間でした。

 

後から、いろんな人に、

「喬太郎師匠が落語で貞寿さんがやったようなことやるよね」

「喬太郎師匠っぽかった」

と言われました。

言われて、そうなのかな、と思いましたが、当人はまったく気が付かず。

いつのまにか潜在的に影響を受けているのかもしれません。

 

こみっちゃんの「間違いの婚礼」も、ものすごく刺激になりました。

特に、婆さんとねねの演出が素晴らしい!!

私は絶対思いつかない!!

とーっても、刺激になりました。

 

こうやって、ご一緒させていただく仲間に、沢山の刺激をいただけることが本当に幸せです。

私は恵まれているなぁ…。

ありがとうございます。

 

いつかまた、どこかで「転宅」やります。

よかったら、聞いてね。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する