石原さとみさんが結婚した時に

「俺たちにはまだガッキーがいるじゃないか!」

と言っていた人たちが、

昨日、一斉に長澤まさみ派になっていてちょっと笑いました。

 

貞寿です。

 

芸能人の結婚って、私にはまったく関係ない世界のことなので、基本的には興味ないんですけど。


家に帰ったら、ガッキーがいる。

確かにそれはすごいな、と思いました(笑)


☆☆☆


昨日、なでしこくらぶの後で、友人(女子一人)と仕事の打ち合わせ&食事会。


久々にゆっくり話をしました♪



演芸会の受付などを手伝っていた彼女との出会いは、私が前座の頃からなので、もう15年以上になりますか。


いまでは、私の会の手伝いをしてもらったり、チラシをお願いしたり。


プライベートでも食事に行ったり、相談にのってもらったり。


もう、私の人生で欠かせない人物の一人となっております。

 

芸人って、高座に上がるのは一人ですけど、本当に一人じゃなにもできなくて。

講談本読んだり、台本書いたり、アイデアを出したり、稽古したりしても、それを皆様に見ていただくには様々な手間がかかります。

それらを全部芸人一人でやっていくのは到底無理な話で、沢山の人の手をお借りして、やっと、芸人としての活動ができるようになります。

 

「貞寿のためなら」

 

そういって、まったく利益にならないようなことを手を挙げてやってくれる人がいる、というのは、なんとありがたいことか。

 

本当に恵まれてるなーと思います。

 

「手を貸してよかった」

と思ってもらえるように。

 

ちゃんとやんなきゃね。うん。

 

そんなわけで、今日は一日、部屋に籠って、またまた違う台本作りをやってます。


12日に、次郎長伝のネタおろしして、

19日に、お富与三郎のネタおろしして、

その翌日にまた違う台本書いてるってなんなんだ、という気もしますが。

 

これは、また、近日公開予定です。

 

面白いと思ってもらえるんじゃないかなーという企画を進めてます。

 

近々発表できると思うので、ちょっと待っててくださいね。\(^o^)/

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account