講談貞寿チャンネル開設しました!

 

 

1本、5分前後で観れます!

無料です!

よろしくお願いします!

 

☆☆☆

 

昨日は、貞寿の会、でした。

緊急事態宣言中にもかかわらず満員御礼。

誠にありがとうございました。

 

 

昨日で、お富与三郎シーズン2が終了しました。

 

私の感覚、ですけど。

 

与三郎がお富と出会い、傷を負い、別れを経験し、その後、またお富と再会する…「玄冶店」までが、シーズン1。

 

そして、苦労知らずの若旦那だった与三郎が、どんどん悪の道に染まっていき、悪事を重ねた結果、ついに召し取られてしまう…「与三郎召し取り」までが、シーズン2。

 

このシーズン2は、毎回、美人局、相対間男、強請…なんてことばっかり。

同じような展開で、いわゆるダレ場の連続だったりします。

連続講談をやるにあたっては、ここが本当にしんどいところです。

普通でしたら、適当に間引いて話をします。

でも、今回は、いちいちやってみました。

17話の紅屋の強請だけは貞寿の会でやってないかな。

(他ではやりましたけど)

それ以外は、ほぼ全部、貞寿の会でやりました。

 

でも、なんか、終わってみると、

「この話はまたどこかでやってみてもいいかも」

なんて思う話もあったりして。

 

また、ここまで付き合ってくると、お富も与三郎も、私の中で勝手に生きているような感覚があります。

最初は目玉の富にトドメがさせず、お富に泣きついていた与三郎が、昨日は立派に蝙蝠安のトドメをさすまでに成長(?)しました。

今後の与三郎がどうなっていくのか、私自身楽しみでもあります。

 

いよいよこれから、シーズン3に入ります。

 

師匠からいただいた台本も、シーズン2まで。

これからは、貞寿のオリジナル台本で読み続いていきます。

 

この先は、シリアスな展開になっていきます。

 

私の、お富与三郎。

 

これからも、お付き合いいただけたら幸いです。

 

なお、冒頭でご案内した「講談貞寿チャンネル」で、お富与三郎のあらすじを1本5分程度の動画にしてあります。

現在、シーズン1「玄冶店」まで見ることができます。

初心者でもお子さんでも楽しめる動画になっております。

 

これから、お富与三郎を聞こうかな、と思っている方。

聞いたけど内容忘れちゃったよ、という方。

途中抜けちゃって話がわかんないよ、という方。

その他、暇をつぶしたい方、いらすと屋さんの絵が好きな方、観たい動画が見当たらない方、など。

(つまりどなたでも)


よかったら、覗いてみてください。

(安心の無料動画です)

 

明日から、シーズン2の動画を少しずつUPしていきます。

どうぞ、お楽しみに。

 

今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する