貞寿です。

 

昨年から、ずーっと読み続けてまいりました「お富与三郎」

やっと、やっと、本日、全話台本を書き上げました!!

 

きゃー!!

私、偉いっ!!(^∇^)ノ♪

 

いや、台本書いただけじゃ偉くもなんともないけど。

 

最終的にはですね、

全26話。

それから、外伝として「転宅」←知る人ぞ知る。笑

それと、最終話を終えての四方山話をまとめた番外編を作成しました。

 

長かったなぁ…(@_@;)

 

いや、これから覚えて、しっかり高座にかけなきゃいけないんですけど。

でも、着地点が決まって、なんだかほっとしています。

 

連続でネタおろしをしております「貞寿の会」では、いよいよ第三シーズンにはいっていきます。

 

師匠から、習った話は前回まで。

ここからは、私のオリジナル台本となります。

 

私の「お富与三郎」では、熟考したうえで、原作とは違う結末とさせていただきました。

私がいままで育んできた「お富与三郎」に添った形でなければ、落としどころを定めることができなかったので。

 

8月21日と10月9日、残り二回で、貞寿の「お富与三郎」は読み終わります。

 

本寸法で全話読むのは、この「貞寿の会」だけです。

残すところ、あと二回!

よかったら、お運びください♪(◍•ᴗ•◍)

 

☆8月21日(土)

貞寿の会

【開演】13:30
【出演】貞寿、貞奈
【場所】神保町・らくごカフェ
【木戸】当日2500円、予約2300円
【問合】03-6268-9818

 

「終わり二回だけ聞いてもわかんないよー」

という方、ご心配はいりません!

そんな貴方のために、1話5分でわかる!お富与三郎あらすじ動画があります!笑

 


こちらをご覧いただければ、余裕でついてこれます!

残りの話も今月中に撮影する予定となっておりますので、続きをお待ちの方も、どうぞ楽しみにしていてくださいね。

 

また、私のエンディングとは別に。

この話を途中で終えてしまった師匠が、改めて最終話を読む会もあります。

 

☆10月23日(土)13:00開演@日本橋亭

土曜特選会~貞寿プロデュース~

お釈迦様でも気が付くめぇ お富与三郎車読み

 

ありがたいことに、好評頂いております。

ありがとうございます。

 

私とは違う、師匠の、そして、みんなのお富与三郎をお楽しみいただければ幸いです。

 

そして、もう一つ。

 

私が1年半以上を費やしてきた「お富与三郎」を、まとめて、一気に見ていただく会。

 

☆11月3日(水・祝) 夜@日本橋亭

一龍齋貞寿独演会~寿会~

お富与三郎通し公演

 

 

(↑チラシ候補写真、その1)

 

こちらの会の詳細につきましては、後の発表とさせていただきますが、三味線などを入れまして、私の描きたかった「お富与三郎」をギュギュっとまとめてお届けする予定です。

 

以上を持ちまして、大団円!

気が付けば、壮大な計画となりました(笑)

 

正直、あれやこれや、もうパンク寸前!

確実に私のキャパを超えております!

 

でもね、

 

楽しい。

すごく、楽しい。

私、講談が好きなんだなぁ…💦

 

(諸説ありますけど)お富与三郎のお話を初めて世に出したといわれる、一立斎文車。

二代目は、後に、亭号を変え、一龍齋文車、と名乗ったそうです。

この二代目の没後140年、2021年に、私、一龍齋貞寿が、こうして全話一連の流れで申し上げることになりましたのも、何かのご縁かもしれません。

 

あと、3か月。

がんばるよー(。•̀ᴗ-)✧

 

よかったら、見届けてください。

よろしくお願いいたします。

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する