おはようございます。

貞寿です。

 

喬太郎師匠が出演されている映画、

「浜の朝日の嘘つきどもと」

観に行ってきました!

 

 

つぶれかかった映画館の話、なんですけどね。

映画と一緒、「腹が膨れない」「なくても生きていける」…そんな職についている私にとっては、ひとつひとつが刺さる映画で。

 

映画の中の「朝日座」と、自分たちの「演芸」とを重ねてみてしまいました。

 

「一度失ったら、もう、戻せない」

 

それは、本牧亭を失った私たちには骨身に染みた言葉です。

入門してから今まで、どれだけ

「本牧亭が残っていたら」

と思ったかしれません。

講談を初めての聞いてくださった方が、

「また聞きに行きたい」

「講談ってどこにいけば観れるの」

と言われたときに、きちんと返せないもどかしさを何度味わったことか。

 

もし、今、本牧亭があったら。

 

多分、高畑充希ちゃんと同じように「守ろう!」と必死になっただろうなぁ。

 

色々、重ねながら観てしまいました。

 

この映画は、実際に福島にある映画館で撮影が行われたそうなんですが。

映画を見ながら、3年前に伺った、大舘の「御成座」という映画館を思い出していました。

 

 

御成座ってね、東北で唯一の単館常設映画館でね、映画の舞台の「朝日座」そっくりなんです。

 

ホントにレトロな、とっても雰囲気のある映画館なんですよ。

なんというか、この映画館そのものが、表現者のようで。

とても、素敵な映画館でした。

 

 

いま、どうしてるかな。

コロナ禍で困っていないかな。

 

心配になって、ちょっと調べてみたら、

なんと、御成座も、2019年にクラウドファンディングをやっていらっしゃいました!

 

 

朝日座、そのまんまじゃん!

びっくり!

 

皆様と関係者様のおかげで、御成座は、令和の現在でも、無事存続している様子。

 

よかった。

本当によかった。

 

☆☆☆

 

講談聞いたからと言って、お腹はいっぱいにならないし、病気が治るわけでもないし、収入が増える訳でもない。

生活に直結してプラスになるようなことを、私はなにも提供できません。

「こんな時に講談会なんてやっていいのか」

という方もいらっしゃいます。

そういう方にとっては、私なんて本当に無用な存在だろうと思います。

 

それでも、楽しみにしてくださる方もいる。

わざわざ時間を作って、電車に乗って、木戸をお支払いくださって、見に来てくださるお客様がいる。

 

そんな風に足を運んでくださったお客様が、ほんのひと時、今を忘れることのできる時間を過ごせるように。

 

がんばろう。

ちゃんとがんばろう。

 

そう、思いました。

 

東京だと、銀座、渋谷、新宿、立川、調布などで上演中!

とても暖かい、優しい映画です。

演芸ファンに限らず、ぜひ、映画館でご覧ください!

力一杯、おすすめです!(◍•ᴗ•◍)❤

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する