おはようございます。
貞寿です。

昨日は、穂の国とよはし芸術劇場で喬太郎師匠の独演会にゲストとして呼んでいただきました。

豊橋の皆様、ありがとうございました!

(↑うっすらボカしてあります。)

この連休期間中、穂の国とよはし芸術劇場では、ぷらっと文化祭「Art Platter」というイベントをやっていらっしゃいまして。
演劇・落語・音楽・美術・読み聞かせやワークショップなど、様々なジャンルのイベントが目白押し!という夢のような企画。
なにしろ、総合企画は、芸術文化アドバイザーの桑原裕子さん。
あの!私が愛してやまないKAKUTAの桑原さんですよ!
ここに、参加させていただけるんですよ!!
ワクワクしないわけがない!!
(人*´∀`)。*゚+

台風のため、前のりでしたが、
それ以上に、気持ちが前のり!!
ノリノリのりへいですよ!!
(↑テンション高すぎて意味不明)

喜び勇んで会場に入ると、
そこかしこにダンボールアートがお出迎え。


内村さんそっくり!ゴリラ。(笑)


飛び出すキリンさん、などなど。
ふらふら眺めているだけで楽しい♪


そして、待望のKAKUTA新作公演も観劇♪
( /^ω^)/♪♪( /^ω^)/♪♪( /^ω^)/♪♪


東京公演に先立って行われた豊橋公演を観る事ができるなんて!
なんて幸せなんでしょう!
♪ (^ω^ )♪ (^ω^ )♪ (^ω^ )

井上加奈子さん・平田満さん、そしてペテカンの添野豪さん・四條久美子さんによる読み聞かせもあったりして。
こちらは時間の都合上参加できませんでしたが、聞きたかったなー
絶対、面白かっただろうなー
読み手の実力、ハンパないもんなー

その他、コンサートやワークショップなど、とにかく面白そうな企画が幕の内弁当のように詰まっていて、恐ろしく上質な文化祭のようでした。

そんな、夢のような会に、私も参加させていただけたなんて!!(≧▽≦)
とてもとても幸せでした。
お客様も、本当にいいお客様でね。
送り手を背中で受けながら、本当に幸せでした。
喬太郎師匠、ありがとうございましたっ!!


なお、KAKUTA新作公演

「或る、ノライヌ」

東京公演は、9月25日から行われます!

今回の「或る、ノライヌ」は、今まで見てきたKAKUTAの中では、ライトな印象。
不器用な人たちの一生懸命さが、喜劇でもあり、悲劇でもあり、そして愛おしくもあるストーリーです。
KAKUTAを初めてご覧になる方や、観劇自体初めて、という人にも躊躇なくオススメできる作品です。

もしかしたら。
回を重ねるごとにますます面白くなりそうな予感がするので、個人的には、東京公演後半にもう一度見に行く、かも?

KAKUTA「或る、ノライヌ」東京公演
会場:すみだパークシアター倉
日程:2021年9月25日(土)~10月5日(火)

良かったら、ぜひ!

幸せな、幸せなシルバーウィーク、でした❤

©2021 一龍齋貞寿

赤井情報網

ログインする

または    

詳細をお忘れですか?

アカウントを作成する